腕のしびれは危険信号 危ない「首こり」対策日経ヘルス

頸椎症対策は「姿勢」と「生活環境」の改善から

頸椎症の最大の原因は、悪い姿勢。「患者さんには徹底的に姿勢の矯正やストレッチの指導をしている。これで凝りや痛み、腕のしびれなどの症状が改善する。悪化予防にもなる」と竹谷内院長。

そこで竹谷内院長が薦めるのが、「逆さま首伸ばし」などの頸椎症改善ストレッチだ。「首伸ばしは、腕のしびれが出ている頸椎症性神経根症の人に特に効果的です」(竹谷内院長)

姿勢の悪さが問題になるのは、寝ているときも同じ。実は就寝中の姿勢も、首に負担をかけていることが多いという。

「寝違えなど、朝起きたときに首が痛い、凝っているという人は、枕が原因の可能性も。合わない枕で寝ることで、首に負担がかかっている。枕などの寝具を見直すことも重要」と山田院長。

………………………………………………………………………………

~凝り、痛み、しびれの軽減&予防に 頸椎症改善ストレッチ~

早速、今日から始めてほしいのが、以下の3つのストレッチ。中でも一押しは、「逆さま首伸ばし」だ。「やった瞬間に、腕のしびれや痛みが楽になったと実感する人も。繰り返し続けることで、しびれや痛みの程度も軽くなる」と竹谷内院長。頸部&胸椎ストレッチは、凝りの改善と予防に効果がある。どれも毎日2回以上、続けよう。ただし、やって痛みが強くなる場合は中止して。

しびれがある人もない人もまずこれ! 逆さま首伸ばし

筋肉を伸ばして首こり・肩こりを改善! 頸部ストレッチ

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
朝から首、肩が凝っている人はすぐにトライ「マイ枕」
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント