意外と知らない 正しいUVケア

紫外線が肌に悪い、というのはなんとなくわかっているけれど、どうして悪いのか、きちんと理解している人はどれだけいるでしょうか? 紫外線には「UVA」と「UVB」がありますが、シミの原因となるのは「UVB」。でももっと怖いのが「UVA」なのです。

「ケアは一年中」が鉄則

紫外線には波長の長い「UVA」と波長の短い「UVB」とがありますが、シミの原因となるのは「UVB」。でももっと怖いのが「UVA」。ガラスもすり抜けて部屋に入り込み、真皮層(肌の表面にある角質層表皮のさらに奥)まで到達することによって、コラーゲンを破壊し、しわやたるみの原因となるのです!

「この紫外線による肌ダメージを“光老化”といい、肌の老化の90%がこの光老化によるものだといわれているので、皮膚の老化を最大限に食い止めるにはUVケアが必須です」とは、松倉HEBE DAIKANYAMA院長の草野貴子さん。長期的に紫外線を浴び続けると、皮膚がん発生の可能性も否めないのだとか。

よく紫外線を浴びないとビタミンDが合成されない、と聞きますが、草野さんによると日常的に外出する人であれば十分合成されるのだとか。かつては母子手帳には乳幼児に日光浴を勧める文章が書かれていましたが、現在は削除されています。

まだ、夏が近づいたらUVケアをすればいい、と思っている人もいるようですが、年中紫外線は、特にUVAは降り注いでいます。冬だからといってUVケアをしないのは危険。UVケアは一年中行うのが鉄則です。

ケアアイテムはPA値も確認して

「以前はUVBの防止効果を表す指標、SPF(Sun Protection Factor)値の方が話題になることが多く、その値のみで日焼け止めを選ぶ傾向にありました。しかし実は、UVAの方が肌の深部に悪影響を与えるので、PA(Protection Grade of UVA)値もきちんと確認する必要があります」(草野さん)。