14年ヒット当確俳優 東出昌大、土屋太鳳インタビュー日経エンタテインメント!

エンターテインメント業界内では既に常識かもしれないが、2014年にさらなる飛躍のポイントが見えており、より幅広い層へ知名度を高めていくに違いない「ヒット当確銘柄」を日経エンタテインメント!が厳選した。その中から今回、注目の男優と女優をピックアップ。NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』で人気の 東出昌大と、映画やドラマで存在感を見せ始めた土屋太鳳(たお)の二人だ。

東出昌大――『ごちそうさん』で不器用な夫役を好演

――NHK朝ドラ『ごちそうさん』で、ヒロイン・め以子の夫役を演じている東出昌大。皮肉屋で頑固だが、大切な局面では優しい性格をのぞかせる悠太郎役で、一気に知名度を上げた。

189cmの長身に、黒髪と太い眉。モデル出身でありながら、真面目で実直な雰囲気にあふれ、近年あまり見ないタイプとしてインパクトがある。2012年に映画『桐島、部活やめるってよ』で俳優デビューしたときは、第36回日本アカデミー賞などの新人俳優賞を受賞。とらえどころがない宏樹役が話題になってからわずか1年で、国民的作品のメインキャストに抜てきされた。

東出昌大(ひがしで・まさひろ)。1988年2月1日生まれ。埼玉県出身。『メンズノンノ』専属モデルを経て、2012年に映画『桐島、部活やめるってよ』で俳優デビュー。14年は初主演映画『クローズEXPLODE』が公開(写真 小林ばく、スタイリスト 檜垣健太郎:little friends、ヘアメイク 遠山美和子:THYMON Inc.)

このような大きな役が決まるとは、全然予想していませんでした。お芝居のことは、まだ分からないですね。台本をよく読んで、自分なりに解釈するようにしています。悠太郎は真面目さゆえ、気持ちがこんがらがってしまうところがありますが、そこがかわいい部分でもあり、一生懸命に生きている感じが出ればいいなと思っています。

一番苦労しているのは方言です。イントネーションが難しくて、演技どころではなくなったりするので。方言指導の先生にもらったCDを聞くのはもちろん、桂米朝師匠や五代目の桂文枝師匠、笑福亭松鶴師匠の落語を聞いたりもしています。悠太郎と同じ時代に生きた人たちですし、上方落語はほんわかしたところもあるので、そういう大阪の当時の空気も感じたいなと。

――難しいからこそのやりがいを感じているが、「まだ、お芝居が面白いとは思えない」と本音をもらす。いつも課題を感じながら現場に立っているなか、心に響くのが、共演者たちの言葉だ。

この間、『ごちそうさん』のトークショーの前、キムラ緑子さんとお話していたときに、「お芝居どう」って聞かれて。緑子さんは空き時間にセリフをパラパラッと言ったり、直前の方言チェックでもいつも楽しそうになさってる。「いつごろから楽しくなりましたか?」と聞いたら、「私は今でも楽しくないよ」っておっしゃって(笑)。こんなにすてきな演技をする大先輩でもそうなんだなと。

『ごちそうさん』の視聴率は20%台で推移しており、好調。悠太郎が感情を出すシーンに味わいがあり、人気に貢献している
次のページ
「俺は下手なんだ」
エンタメ!連載記事一覧