手作りチョコや下着に困惑 バレンタイン、男の胸中

上から目線、下着は…バレンタインの○×を分けるもの

【ドン引きしたアイテム】
●欲しいならあげる、と上から目線でくれた手作りチョコ(50代)
●あまり話したことがない人が、家の前で手作りホールケーキを持って待っていた(30代)
●「1個ずつ取って」と回覧されてきた義理チョコ、ここまで形式的ならいらない(40代)
●アンダーウエアは困る(50代)
●行きつけの店からぬいぐるみ付きの高額チョコ、もらっても置き場所に困った(40代)
●フライパンを贈られたことがある(50代)
●妻が三段重ねケースに入った8000円ほどのチョコを買ったときは驚いた(60代以上)
●机の中が散らかっていたのに、そこにしまわれたこと(30代)

金額にあまり関係なく、自分のことをよく見ている、趣味が分かっている、と感じるプレゼントが喜ばれるようです。逆に困ってしまうのは思いが強すぎるプレゼント、その他多勢扱いにされるプレゼントなど。サラッと贈ることができる金額で、相手の趣味に合わせるのがベストのようです。

男性陣から女性への義理アイテムに関する要望を聞いてみると、ホンネが詰まった回答が寄せられました。

【義理アイテムについて、要望と意見】
●あからさまに義理とわかる、ユーモアがあるものだと楽しいしうれしい(30代)
●年賀状のように短いコメントつきがいい(50代)
●どんなものであってもいただいた日はとても幸せな気分になるのでよろしくお願いします(40代)
●お返しを期待しないで(40代)
●プレゼントは安くてもいいのでメッセージカードにコメントがあるとうれしい(30代)
●妻に見せて「よかったね」と言われるものがベスト、意味深なものはちょっと…(50代)
●独身男性や恋人のいない雰囲気の男性への配慮は忘れないでほしい(30代)

多かったのが「10円チョコでもうれしい」「メッセージカードや手紙がうれしい」というご意見。アイテムにプラスするともっと職場の人間関係が良くなるかもしれませんね。

[アンケート概要] 日経ウーマンオンラインが2013年12月04日~2014年01月05日に実施。回答者プロフィール年齢:20~24歳 2.9%、25~29歳 5.7%、30~34歳 5.7%、35~39歳 17.1%、40~44歳 12.9%、45~49歳 20.0%、50~54歳 15.7%、55~59歳 8.6%、60歳以上 11.4% 既婚57.1%、未婚42.9% 有効回答数:70

(ライター 丘村奈央子)

[nikkei WOMAN Online2014年1月25日付記事を基に再構成]