乳がんの薬物治療で閉経リスク増、30代は30~40%が不妊に乳がんの最適治療(3)

乳がんになったときに、受ける治療法や治療が終了する年齢によっては、妊娠ができなくなることがあります。薬物治療後に閉経する危険性があるからです。では妊娠の可能性を残す治療方法とは? 治療が始まる前に知っておきたいことをまとめました。
乳がんは、乳房に張り巡らされた乳腺にできる悪性の腫瘍。早期に見つけて治療すれば、命が脅かされることはないが…

「乳がん患者さんの場合、不妊になるリスクがあるのは抗がん薬治療。薬の種類と年齢によっては治療後閉経になったり、排卵がなくなることがあります」と聖マリアンナ医科大学産婦人科学教授の鈴木直さん。

例えば、乳がんの代表的な抗がん薬治療で閉経する危険性は20代で20%、30代で30~40%、40歳以上は80~90%。「年齢が上がるほど閉経する可能性が高まるのは、加齢で卵巣機能の老化が進むから。加齢による影響もあるため、治療前に40代、あるいは治療後40代になる人は、特に自然妊娠の可能性が低い現実を知ってほしい」と鈴木さん。

日本人の閉経年齢は50歳前後ですが、閉経直前まで妊娠可能だと思いがち。しかし40代中盤に近づくと月経があっても排卵はないことが多くなり、また、妊娠したとしても流産確率が高まるのが実情です。「乳がんの薬物治療後、閉経してから後悔する患者さんは少なくありません。将来出産を希望するなら、治療前にそのことをがんの主治医に話して可能性を残せるか、そのための治療を受けるのか検討して」と鈴木さん。

薬物治療の前に、主治医に確認したいのは下の項目です。抗がん薬治療は、治療後排卵があれば、薬の毒性の影響が消える半年間以降は通常に妊娠できますし、胎児への影響はありません。

妊娠・出産を望む人が、乳がんの治療前に主治医に確認しておきたい項目
□ 不妊になる危険性のある抗がん薬治療が必要?
□ 自分のがんはホルモン療法が必要なタイプ?
□ 現在の計画では何歳で治療が終わる?
□ 自分の病状は出産してもいい状態?
□ 妊娠の可能性を残すためにできることは?
注目記事