郷愁再燃 「あまちゃん」以降、拡大続く80年代ブーム日経エンタテインメント!

2013年に大ヒットしたNHKの朝ドラ「あまちゃん」がきっかけとなり、にわかに巻き起こった「80’s(80年代)ブーム」。当時のアイドルが集まったバラエティー、往年の名作をまとめたコンピレーション盤の発売など、その人気は衰えない。さらに今年は、1980年代にルーツを持つ作品の映像化なども相次ぐ。このブームはどこへ行き着くのか、その現状を探った。

2013年、高視聴率を連発し、一大ブームとなったNHKの朝の連続テレビ小説「あまちゃん」。この番組をきっかけに注目度が高まったのが、1980年代のアイドルやエンターテインメント作品だった。小泉今日子演じる天野春子はアイドルになることを夢見て、1984年に故郷の北三陸を捨て、東京に出てくるという設定。劇中では当時の歌番組の映像なども流され、中高年男性なども関心を高めた。

2013年8月には、春子の部屋で流れていたという設定で、80’sのヒット曲を集めたコンピレーション盤「春子の部屋」がリリースされ、オリコン週間チャートのトップ10入り。同年12月4日に生放送されたフジテレビ「FNS歌謡祭」は、薬師丸ひろ子、松本伊代、斉藤由貴、南野陽子など80年代アイドルが、AKB48ら今のアイドルとコラボレーションするコーナーを大きく展開し、番組平均視聴率18.8%の好結果を収めた。

80年代の人気アーティストのベスト盤を高音質CDで

あくまでも「あまちゃん」ありきと思われたこの80’sブームだが、番組が終わり、年が明けてもその勢いはまだ収まっていないようだ。

1980年代作品の再発売が相次いでいる。ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルは、80年代に人気を集めた洋楽アーティストのベスト盤を高品質CDの新規格「Blu-Spec CD2」でリリースする「80’sザ・ベスト」を展開中。マイケル・ジャクソン、シンディ・ローパー、ホイットニー・ヒューストンなど、20タイトルが発売された。

邦楽では、昨年創立35周年を迎えたエピックレコードが、ラッツ&スター「め組のひと」、TM NETWORK「Get Wild」など、当時のヒット曲を集めたアルバム「黄金の80’sベストヒッツ35曲!~Epic35~」の配信をスタートしている。

エンタメ!連載記事一覧