「アナ雪」快走…エンタ業界、上半期ヒットランキング日経エンタテインメント!

2014年の上半期、どんなエンタテインメントが多くの人々の心を動かしたのか。売り上げや視聴率、興行収入といったデータに、社会現象度や話題性、新規性などを加えて、「日経エンタテインメント!」が上半期ヒットランキングを作成。2013年はドラマの当たり年だったが、今年は『アナ雪』が大ヒット。楽曲人気により、その人気は広がり続けている。長い歴史に幕を下ろした『笑っていいとも!』やNHKの『連続テレビ小説』枠からは『ごちそうさん』『花子とアン』が話題となった。これらのヒットが意味するものとは……。

編集部の選んだ、2014年上半期に話題を巻き起こしたヒット作のランキングは表の通り。トップスリーの顔ぶれの共通項は「伝統と挑戦の融合」だ。

興行収入200億円を超え、日本歴代で『千と千尋の神隠し』『タイタニック』に次ぐ第3位となった『アナと雪の女王』は「ダブルヒロイン」「女性監督」という2つのディズニー史上初にチャレンジした意欲作だ。様々な運命を背負った登場人物たちが描くストーリーは、大人もうならせる奥深さを持つ。一方、笑いを巻き起こすキャラ、夏に憧れる雪だるま「オラフ」の存在により、親子で安心して楽しめるという伝統も、しっかり踏襲している。

各国でカバー曲が大ヒット

さらに過去の『美女と野獣』『アラジン』など、ディズニー映画発となった楽曲のヒットをより発展させた形として、挿入歌『レット・イット・ゴー』を各国の人気歌姫たちが母国語でカバー。世界中で、自国の作品のように『アナと雪の女王』へ親近感を抱くファンが続出しているのも、伝統と挑戦の共存によるものだろう。

31年と6カ月もの長い歴史に幕を下ろしたバラエティー番組『笑っていいとも!』(フジ系)。番組の顔であるタモリが自ら、2013年10月の放映中に番組終了を表明。周囲の共演者すら驚きを隠さなかったその告知手法は、伝統ある番組の終了発表としては、過去に例のない挑戦だった。安倍首相の出演や、業界的にありえないとされていた、松本人志と石橋貴明の競演などのサプライズで、視聴率は上昇。盛り上がりのなかで3月の最終回を迎え、視聴者には「最後まで挑戦を続けた、伝統ある番組」として強い印象を与えた。

50年以上もの歴史を持つNHKのテレビドラマ枠『連続テレビ小説』は高視聴率が続いている。『ごちそうさん』『花子とアン』とも「ヒロインが努力を重ね、前向きに人生を切り開いていく」という伝統的なストーリーだ。そこに『ごちそうさん』では、キムラ緑子演じる和枝の「いけず」が、どこまでエスカレートするのかというハラハラ感。『花子とアン』では『赤毛のアン』を連想させるエピソード探しと、ドラマ好きにも訴求するスパイスを効かせているのが好調の理由だろう。

伝統だけではマンネリ化してしまい、斬新な挑戦だけでは一部のファンしかついてこれない。双方のバランスをうまくとったことが、社会現象に結びついたのだ。

それでは1位から10位、それぞれの選定理由について解説していこう。

【2014年上半期ヒットランキングの選考基準】
テレビ番組、音楽、映画、本、ゲームなど、オールジャンルのエンタテインメントを対象に、セールス、新規性(取り組みの新しさ)、社会影響度(ファンやユーザーへの影響がどれくらいあったか)などに基づき、編集部がヒットの度合いを評価した。データについて特に表記のない場合、テレビ視聴率はビデオリサーチ(関東地区)、音楽CDはサウンドスキャン、本はオリコンのものを基に編集部で作成、映画の興収は編集部調べ
エンタメ!連載記事一覧