メタボの原因はホルモン低下、「運動」と「ネギ食」で改善日経ヘルス

多くの男性が悩んでいる内臓脂肪型の肥満は、男性ホルモン「アンドロゲン」の低下が一因であることがわかってきた。それに対する有効策は「運動」と「食事」。なかでもネギやタマネギ、ニンニクなどネギ属の野菜がメタボリックシンドロームに関連する項目も改善するという。
 

「アンドロゲン」は、コレステロールをもとに主に睾丸で産生される「テストステロン」と、そこから代謝されて作られる「DHT(ジヒドロテストステロン)」という二つの男性ホルモンの総称。骨格筋の増強、生殖機能の調整と精子の形成など、男性の活力源になる。

これまで、男性のホルモンと肥満の関係については、詳しいことがわかっていなかった。だが、メタボリックシンドロームの象徴である中高年男性の内臓脂肪型肥満は、(1)アンドロゲンの低下に起因していること (2)運動と食事でアンドロゲンが増やせること──が最新の研究で明らかになってきた。さらに、アンドロゲンの低下は、男性更年期障害にも関連があった。

…………………………………………………………………………………………………

大阪大学医学部付属病院の男性更年期外来を訪れた患者120人を分析。(データ提供:辻村准教授)

【テストステロン低下は男性更年期にも関連】

「男性更年期障害(LOH候群)の症状の一つが、内臓肥満です。患者のテストステロンが低下すると、腹囲や内臓脂肪が増加する傾向が認められました。さらに、テストステロン量と勃起(ぼっき)、肥満と性機能も関係しています」(辻村准教授)。

…………………………………………………………………………………………………

有酸素運動で男性ホルモンが増加

筑波大学大学院の鰺坂隆一教授は、「運動」との関係を報告。中年の肥満男性31人を対象にウオーキングなどの中強度の有酸素運動を取り入れたヒト試験で男性ホルモンの増加効果があったという。

運動で血中のテストステロンが正常化  BMI(体格指数)が25以上でウエスト周囲径が90cm以上の中年肥満男性31人(平均49.1歳)を対象に、中強度の有酸素性運動を週3回90分、12週間継続し、血中のテストステロンの値を調べた。その結果、テストステロンの値が正常化した人が増えた。(データ提供:鯵坂教授)
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント