WOMAN SMART

ビューティー

たるんだ頬のもたつきを解消 たるみに効くマッサージ

2013/9/6

「なんだか顔が疲れている」、または「老けたなあ…」と感じるとき、あなたの頬はたるんできてはいませんか? 男性もそうですが、多くの人は30代に差し掛かると、頬のお肉が重力に従って徐々に下がり始めます。

実は、この「頬のたるみ」こそが、みなさんが初めに「老け」を感じるきっかけとなっていることが多いのです。頬がたるむと、それに伴って毛穴も下へ引っ張られていきますから、帯状毛穴の原因ともなります。

また、欧米人と比べて、日本人は「たるみやすい」人種といえます。まず、目元を想像してみてください。まぶたの上がもたつき、覆いかぶさってくるのは日本人(モンゴロイド)の特徴。同じ年齢でも欧米人の目元は、比較的ぱっちりしていると思います。欧米人は、日本人ほどたるみやフェイスラインの崩れで悩むことはありません。それよりも、肌の乾燥をずっと気にしています。

たるみが生まれる主な理由は以下の2つです。

・顔全体に皮下脂肪(お肉)がついているため、重力に負けやすい
・顔のコリや、頭皮が固くなっているため、表情筋が鍛えられていない

「顔のむくみ」も要注意です、水分が多いと肌が重くなり、頬が下がってしまいます。また、むくむことで表情筋が動かしにくくなり、顔がこってくるのです。顔がこっているとリンパが詰まりやすくなりますから、

顔こり→リンパの詰まり→むくみ→筋肉が動かない→顔こり

という悪循環が、簡単に起きてしまうのです。

この悪循環を断ち切るためにも、むくみ・コリのマッサージと、表情筋トレを同時に行う必要があります。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
【提言】手本不在、男女差、人生設計―悩んだらこう
日経DUAL
時短勤務したパパの夕食作りが新商品のアイデアに
日経ARIA
高橋ゆき 決断時は「そこに愛はあるのか」自問自答
日経doors
白木夏子「世界を少しでもいい方向に」が私の行動指
ALL CHANNEL