京都はバス文化でも中心地

京子 そもそも、ですよ。日本でのバス事業の始まり自体が京都なんです。明治36年(1903年)9月20日に二井商会が始めた乗合自動車で、日本バス協会はこの日を「バスの日」と定めています。

部長 ちなみに東京では関東大震災がバス普及の契機になったと聞いたが。震災で路面電車が被害を受け、応急措置で大量にバスを導入したんだ。

小型バスが投入されている醍醐コミュニティバス。住宅地に入り込むため、より小さいマイクロバス(14人乗り)も活躍

太郎 京都はコミュニティバスでも注目されています。なかでも京都市伏見区の醍醐地区で2004年に始まった「醍醐コミュニティバス」は、これまた日本で初めての、住民による自主運行のバスなんです。

部長 利用者主導だったんだ。

太郎 地域住民のNPOが会を立ち上げてルートや経営安定化策を議論し、運行主体にまでなって成功させたものです。実際の輸送はヤサカバス(京都市)に委託してます。

京子 市営地下鉄の醍醐駅を中心に、山沿いの坂の上にある住宅地や団地などを回るルートなど、全部で5路線。細い住宅地に入り込むので、マイクロバスも使われてますね。

太郎 運賃収入だけでなく、沿線の商業施設や医療機関、保育園や福祉施設、それに醍醐寺なども協力して、コストを負担しています。

部長 コミュニティバスは郡部に多い印象だったが、京都市内にもあるんだな。

京子 ちなみにヤサカバスは老舗タクシー大手、弥栄自動車(京都市)のグループ企業です。JR向日町駅(向日市)から洛西ニュータウンや桂坂を結ぶ路線も、2003年から走らせています。

部長 2002年の道路運送法改正で、バス事業がそれまでの免許制から許可制に変わり参入が容易になったんだな。あれから10年か。

京都女子大や付属小中高の学生・生徒たちが通う通称「おんな坂」を下るプリンセスラインのバス

太郎 市内ではプリンセスラインという、真っ赤なバスが目立ってます。

京子 2005年から走る新規参入組、京都急行バス(大阪府寝屋川市)ですね。京都女子大学と京都駅や四条河原町を結んでいます。

太郎 もともとはセレモニー観光という、冠婚葬祭の送迎など貸し切りバスを手がけていた企業です。2009年に社名を京急(けいきゅう)バスに変えたところ、関東の私鉄、京急こと京浜急行電鉄から「待った」がかかり、京都急行バスに再度改めたというエピソードがあるそうです。

注目記事
次のページ
住民主導の自治会バス