くらし&ハウス

天気のなぞ

ひょうは2年前にも 何か変…今年の雨 気象予報士 伊藤みゆき

2014/7/3

 2014年の6月はいつもと違った……と感じた方も多いかもしれません。1日の猛暑で始まり、2日から6日にかけて西から順に梅雨に入ったかと思えば、本来は梅雨の無い北海道でも曇雨天が続きました。

 周りでも「梅雨って、こんなんじゃなかったよね。今年の梅雨は、けっこう晴れてるし、降る時は一気にザーザー降るし」という声をよく耳にします。

梅雨を彩る花・アジサイは、都内では見ごろを過ぎようとしている。今年は雨と日差しがたっぷりで美しく色づいたように見える

■6月は長雨型ではなく夕立型の雨の日が多かった

 6月の雨量分布と平年比をご覧ください。

6月の月間雨量(左)と平年比(右)。沖縄や九州だけでなく、関東や北海道でも雨量が多いところがある。本州では、関東と東海を境に雨量の多い・少ないが顕著(気象庁HPより)

 「降った地域」と「降らない地域」の偏りがありますね。皆さんのお住まいの地域はいかがでしょうか?

 降らなかったのは、九州北部・中国・近畿・東海・北陸です。

 福岡と大阪は平年の40%、岡山34%、新潟49%、名古屋と岐阜36%と平年の半分以下。京都29%・神戸25%・浜松17%は観測史上1位の少なさ……「これまででもっとも雨の少ない6月」となりました。浜松は1カ月で41.5ミリと、1回の「非常に激しい雷雨」で降ることもある雨量にも届きませんでした。

【関連キーワード】

梅雨集中豪雨

くらし&ハウス

ALL CHANNEL