WOMAN SMART

ライフスタイル

いつまで時短勤務? フルタイムに戻すタイミング

2014/4/3

育休から復帰し、時短勤務で働き始めたものの、いつまで時短で働き続けるべきのか、そのタイミングや見極めるためのコツはどうなのでしょう? 日経DUAL編集部がキャリアアドバイザーの河野真理子さんに教えてもらいました。

育児休業から復帰して時短勤務制度を利用するかどうかは、会社や職場の雰囲気のほか、仕事内容にもよります。もし利用したことのある先輩ママがいれば、どのように働いているかをヒアリングしてみましょう。

■時短勤務などの働き方は、実際利用している先輩にまず相談

どんなことが大変か、どのような工夫をしているか、必ず参考になるはずです。また、子どもがいない女性でも、あなたにとってメンター(指導者・助言者)となる先輩がいたら、今後の働き方について相談するのもいいでしょう。

今、時短勤務で働く人たちに対する、周囲の評判はさまざまです。時短でフルタイム同様に働いている人と、逆に、非正規のパート社員と同じ感覚でいる人と、二極に分かれているようです。

時短勤務は、時間という視点でみると、仕事と子育てを両立をする上で便利な制度です。ただ、今後の長いキャリアを考えると、家庭の事情や子どもや仕事の状況などをトータルに考えて、フルタイムに戻す、自分にとってのベストなタイミングを自分自身でしっかり検討することをおすすめします。

■タイミングは人それぞれ

時短勤務をやめるとできなくなることがあります。例えば、保育園への送り迎えや余裕を持った家事・育児です。

逆にプラスに働くこともあります。責任のある仕事、職場で対等な関係、給与・賞与のアップ、家事・育児の軽減、家族・家庭のことについてのパートナーとの対等な関係…。もちろんそこには、残業もあれば出張も当たり前、という状況も含まれます。

フルタイム復帰のイメージが難しい人は、少し長い目で育児をどうしていきたいか、どう働き続けたいか、家族や仕事への思い、自分の価値観をしっかり考える時間を設けてみてはいかがでしょうか。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
成功体験を何回積んでも「自己肯定感」が低い人の心
日経ARIA
女子バレー中田久美監督 ロス五輪は「屈辱の銅」だ
日経doors
暗闇ボクシング爆速成長 経営者は20代塚田姉妹
日経DUAL
中学受験からの撤退 挫折感を持たせない方法は?
ALL CHANNEL