WOMAN SMART

ライフスタイル

早起きが苦手な人のための睡眠&起床テク

2013/7/3

~どちらかを選び、そのなかから一つ新しいことを今日から始めてみよう~

【朝、スッキリ目覚めたい派】

夜の入浴時に膝下に温&冷水をかける

朝、なかなか起きられない人は、血圧が低く、脳に血流を届ける力が弱いことが理由かも。足元から血流をアップさせるため、血管の収縮力を高めよう! 入浴時に、膝下に水、お湯の順でかける血管トレーニングを3セット行う

休日の二度寝は明るい部屋で

休日の朝、起床時刻が平日に比べて2時間以上遅くなる場合は、一度、平日と同じ時間に起きてカーテンを開けたり電気をつけたりしよう。脳が光を感じる時刻だけは平日と合わせておくと、睡眠のリズムの乱れを軽減できる

朝の起床時に温かい飲み物を飲む

朝は徐々に体温が上がっていく時間帯。「起きたときに、温かい飲み物を飲めば、直接体の中から温まり、体温の上昇を助け、体も動きやすくなります」。暑さを感じる日は無理せず、常温の飲み物で水分補給を

ふくらはぎの筋力アップ体操を1日5回する

「ふくらはぎの筋肉は、体の水分を吸い上げるポンプの役割があります。この筋肉を鍛えておくと、血液や水分の巡りがよくなり、寝起きの体のむくみなども取れやすい体に」。1日5回、ゆっくり爪先立ちをして、ふくらはぎの筋力を強化

お尻の筋肉を鍛えて寝返り上手に

寝返りには、布団の中を換気し体温調節をしたり、筋肉や骨の位置を整えたりして、いい眠りを支える役割が。同じ姿勢で寝続けると、体に負担がかかりこりの原因にも。お尻の筋肉を鍛えるスクワットを1日10回行い、しっかり寝返りを打とう。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
成功体験を何回積んでも「自己肯定感」が低い人の心
日経ARIA
女子バレー中田久美監督 ロス五輪は「屈辱の銅」だ
日経doors
暗闇ボクシング爆速成長 経営者は20代塚田姉妹
日経DUAL
中学受験からの撤退 挫折感を持たせない方法は?
ALL CHANNEL