WOMAN SMART

ライフスタイル

早起きが苦手な人のための睡眠&起床テク

2013/7/3

早起きがつらい、夜中に何度も目が覚める、寝ても疲れが取れない…。多忙な生活を送る働く女性たちは、眠りの悩みも様々。そこで、睡眠改善の専門家に、快適な睡眠&起床のコツを教えてもらいました。

■体温リズムをキープして深い睡眠&目覚めを

「快適な睡眠や目覚めのためには、深部体温(体の中心部の体温)のリズムを保つことがポイント」と話すのは、医療現場で睡眠の改善指導に取り組んできた作業療法士の菅原洋平さん。眠気は脳や内臓の温度である深部体温が下がることで起こり、日中は高く、夜には下がる仕組みを持っている。

「体温は起床後に上がり始め、17時前後を境に夜に向けて下がります。この温度の変化が眠気を生み、深い睡眠につながるのです」。こうして、いかに深く眠れたかが、心身の疲労回復に関係するという。

平日によく眠れなかった分、休日に寝だめをする人もいるが、「一番避けたいのが夕方以降の仮眠です。夜の深い睡眠のために食事や軽い運動などで体温を上げておきたい時間帯なので、このときに寝ると、夜の睡眠が浅くなり疲れが取れません」。帰宅途中の電車での睡眠もできれば避けたほうがいいと菅原さんはアドバイスする。

日経WOMAN編集部が読者アンケートで睡眠に関する悩みを聞いたところ、6割以上が悩みがあると回答。そこで、菅原さんに睡眠&起床テクを紹介してもらった。朝、スッキリ目覚めたい派、夜、質のいい睡眠をとりたい派から自分に必要なものを選び、「まずはその中からできそうなことを1つ、週3日、2週間続けてください」(菅原さん)。ぜひ今日から始めて、変化を実感してみてほしい。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
吉種怜 遠回りキャリアこその太い軸、迷ったらGO
日経DUAL
帰宅時や店内で…7つのイヤイヤ悩み 現実解は?
日経ARIA
「黒字企業で評価A」のあなたも早期退職の対象にな
日経doors
ハヤカワ五味が実感する読書 「筋トレと似ている」
ALL CHANNEL