秋の空が「高く」見えるのはどうして?気象予報士 伊藤みゆき

「秋の空は高い」と言うことがありますが、この理由、なぜだかご存じですか?これは「空の透明度」からそう言われています。

夏から秋にかけて空が透明度を増します。夏は南の太平洋に中心を持つ高気圧に覆われて晴れますが、秋になると大陸から移動してくる高気圧に覆われて晴れるようになります。この「晴れの出身地」が空の透明度に関わってくるのです。大陸育ちの高気圧は海育ちの高気圧よりも空気中に含んでいる水蒸気の量が少ないため、空の青さが濃く、空が澄んで見えるようになります。

もう1つ理由があります。それは、春と秋の透明度の違いです。春も秋と同様に大陸育ちの高気圧に覆われるのに、春の空は霞んでいて秋の空は青い印象がありますよね。これには根拠があって、春と秋では大陸の地面の状態が異なるからといわれています。春は雪や氷が融けたばかりで、土や砂が舞い上がりやすくなっています。視界を悪くする「黄砂」が春の使者と呼ばれるのもこのためです。一方、秋は夏の間に草が生い茂るのでホコリが立ちにくくなるのです。さらに、陽射しが弱まって気温が低くなる秋は、対流(太陽で暖められた空気が上昇する)が起こりにくく、地面近くにある汚れた空気の層が空の低いところに留まる傾向にあります。

これらのことから、春や夏よりも秋は空の透明度が高く、「秋の空は高い」ということになるのです。

雲の様子も夏と比べ変わってきます。水蒸気量が少なく上昇気流が弱くなると、入道雲のような夏らしい雲の出番が少なくなり、「秋らしい雲」が浮かぶようになります。秋は様々な形の雲が空を彩るようになります。

雲を眺めて何かの形に例えてみたりしますが、気象学上でも形や高さによって10パターンに分類されて名前が付けられています。これらは「十種雲形」と呼ばれます。

秋の代表といえば、鳥の羽根のような雲。これは「巻雲(けんうん)」といって空の最も高いところに現れます。日本付近だと、上空5~13キロ付近。巻雲の位置が「現在の空の天井」といえるでしょう。空一面に細かい雲片が広がる「うろこ雲」は「巻積雲(けんせきうん)」の1つ。「巻雲」との違いは、雲が塊状になっていることです。白いうろこは氷の粒で出来ています。

鳥の羽根のような「巻雲(けんうん)」
注目記事
次のページ
秋に楽しむ特別な雲
今こそ始める学び特集