N
MONO TRENDY
デジモノNAVI

HP、レノボなど6社の新製品が続々登場2012年夏のパソコン選び(3)

2012/6/6

デジモノNAVI

夏モデルパソコンのトレンドは、(1)インテルの最新CPU「第3世代Core iシリーズ」の4コア(クアッドコア)版を搭載、(2)テレビ機能を強化、(3)フルHD表示ができるノートパソコンが増加、(4)節電機能が充実――の4点です。前回(連載第2回)は、5月末までに発表された国内各社の主要モデルを一挙に紹介。今回は、日本ヒューレット・パッカード(HP)、レノボ・ジャパン、台湾アスーステック・コンピューター、デル、日本エイサー、エムエスアイコンピュータージャパンの計6社の製品を見ていきます。

【HP】 デザイン性と音質を重視 ~小容量SSDでHDDを高速化する技術も

日本HPは、新型CPUの第3世代Core iに対応したノートパソコン2機種とデスクトップパソコン7機種を投入した。

ノートパソコンでは本体のデザイン性を重視している。「HP Pavilion dv4-5011TX」「HP Pavilion g6-2000」ともに画面裏の天板に細かい線やメッシュの柄を入れて高級感を出した。キーボード奥のスピーカー部は細かい網のような穴を開けてオーディオ機器風にした。

音質の向上にも注力している。dv4-5011TXはヘッドホンブランドのBeats Audio、g6-2000は知名度の高いスピーカーメーカーの米アルテック・ランシングが手掛けたスピーカーを備える。

「HP TouchSmart PC 520-1180jp/CT」の背面。リビングや書斎に置いても違和感のないすっきりとしたデザインだ
「HP Pavilion dv4-5011TX」の背面。きょう体に金属をイメージさせる線を描くことで高級感を出している

新型CPUのCore i7を採用することで、性能を高めつつ、消費電力を抑えた。dv4-5011TXの駆動時間は8時間、g6-2000が5.5時間。dv4-5011TXはHDD(ハードディスクドライブ)の読み出しを高速化するインテルの「スマート・レスポンス・テクノロジー」を搭載する。これは32GB(ギガバイト)のSSD(ソリッドステートドライブ)をデータの一時保存先として高速化するというものだ。

デスクトップでも新型CPUを搭載する機種を複数投入する。AV関連の機能を強化した液晶一体型や性能を重視したタワー型などがある。「HP TouchSmart PC 520-1180jp/CT」は23型のタッチパネルを備える液晶一体型。デジタルカメラで撮影した写真に絵が描ける専用ソフトが付属する。

セパレート型では拡張性の高いタワー型ケースのh8シリーズのほかに、ミニタワーや省スペース型もある。

「スマート・レスポンス・テクノロジー」の効果でWindowsの起動時間が半分以下になるという。Officeなしモデル「dv4-5010TX」もある
本体に細かい模様を付けてデザイン性を高めた。落下時などの振動からハードディスクを守る保護技術を搭載する

………………………………………………………………………………

本記事でのパソコンのスペックの読み方
MONO TRENDY連載記事一覧