プロ野球・巨人とTDL、ルーツは京成の遊園地

京王多摩川駅前にあった京王閣、「東京の宝塚」とも

大正から昭和初期にかけて、多摩川周辺には多くの私鉄遊園地が誕生した。玉電の玉川遊園地と玉川第二遊園地、東急の多摩川園、小田急の向ケ丘遊園……。開園が相次ぐこの時期に、京王電鉄が手掛けたのが京王閣だった。

「多摩川畔は天与の遊園地」「本線開通後は花園・運動場その他の設備を施し、東京市の新公園たらしめんことを」――。

1910年(明治43年)、京王電気軌道(現・京王電鉄)の創立総会で発表された「発起の趣意」は、多摩川沿いに遊園地を造ることを掲げていた(「京王帝都電鉄三十年史」より)。

京王閣の跡地は現在、京王閣競輪場となっている

目標がかなうのが1927年(昭和2年)。京王多摩川駅前に「多摩川原遊園京王閣」が誕生した。社史は「近郊随一の新行楽地」と誇らしげに記す。

目玉は雨天でも遊べる屋内遊戯施設。ローマ風の大浴場が人気を呼んだ。社史によると、開園当時のパンフレットには屋内施設についてこう書かれていた。

「武蔵野の大望楼、多摩河畔の摩天楼と申しても過言ではございますまい」

園内には演芸場があり、歌劇学校もあった。パンフレットは「東京にも初めて宝塚ができた。宝塚よりも品がよい」という「某紳士」の声を紹介している。

京王閣のパンフレット(京王電鉄所蔵)
エンタメ!連載記事一覧
エンタメ!連載記事一覧