鷹匠は女子大生 ハタチへ、羽ばたき強めて

今春、佐賀県を訪問した安倍晋三首相の前でも妙技を披露した
佐賀県武雄市の石橋美里さん、19歳。佐賀女子短期大学のこども学科に通う彼女が持つ、意外なもうひとつの顔、それは鷹匠(たかじょう)だ。3月に千葉県で開かれた競技大会「フライトフェスタ」ではハヤブサを操る部門で女性初、最年少優勝を飾るほどの腕前の持ち主。“女子高生鷹匠”だった16歳の時に取材してからほぼ3年がたった。鳥との生活を通して自分と向き合い、大人まで一歩手前の今を一生懸命に生きる彼女の姿を再び追った。

週末、鷹匠に変身

普段は佐賀市内の短大に通う石橋美里さん。週末になると、タカを自在に操る鷹匠に「変身」する。11月の日曜日、佐賀県の吉野ケ里歴史公園。「ピッ」という小気味よい笛の音に合わせ、建物の上からタカが舞い降りる。ぐんぐんスピードを上げたかと思うと、急ブレーキをかけ彼女の左腕にしっかりとつかまった。地上には眼光鋭いミミズク。「名前は“とろろ”っていうの。どこを触っても平気だよ」。美里さんの呼びかけに、子どもたちは恐る恐る手を伸ばす。「意外とかわいい!」。“とろろ”は、たちまちもみくちゃになった。

各地のイベントに引っ張りだこの美里さん。最近は小中学校の特別授業も頼まれるようになった。豪快なフライト実演で子どもたちの興奮が高まったころ、タカの体の構造や飼育法、そして鳥と暮らすなかで実感した「命」についての話を、やさしく語りかけていく。

「耳はどこにあるの?」「何を食べるの?」。初めて見るミミズクに興味津々の子どもたち(11月10日、佐賀県の吉野ケ里歴史公園)
イベントの最後に、参加者たちのトンネルをタカがくぐる。見事、美里さんの腕にとまると大きな歓声があがった

★「鷹匠」とは  古くは公家や武家に仕え、タカを飼育・訓練してタカ狩りに従事した人を指し、現在も宮内庁に役職が残る。一般には、流派や団体がそれぞれ認定していて統一した基準はない。狩猟期間にタカ狩りをする人もいるが、飼いならすだけの人も多い。厚生労働省によると猛きん類(タカ目・フクロウ目)の輸入総数は、年間1000羽あまり。