見た目は妖怪? いえいえ、海の小さなアイドルです

団子のような丸い体とつぶらな瞳で人気上昇中の小さな海の魚「ダンゴウオ」。スキューバダイビングのほか、水族館でも見ることができる。成魚でも2センチほどで、幼魚はわずか数ミリ。見逃してしまいそうな小ささだが、海藻や岩にくっついてじっとしているので、様々な表情を観察することができる。
「ワタシ」こと、約3ミリのダンゴウオ。とても小さいため海中で見つけるのは難しい(静岡県下田市の九十浜)=撮影協力 須崎ダイビングセンター

スライムベスがあらわれた!

コマンド: たたかう にげる 

      じゅもん どうぐ

いえいえ、ワタシの名前は「ダンゴウオ」。人気ゲーム「ドラゴンクエスト」に出てくるキャラクターじゃないから、たたかったり、にげたりしないでね。ここは静岡県下田市の九十浜。ワタシは冷たい海に暮らす、ただの小さな魚よ。なのに最近、人気上昇中みたいで、ちょっとしたアイドル気分なの。

体長約3ミリの小さなダンゴウオと一回り大きなダンゴウオ。おなかの吸盤でくっつきやすい海藻「エツキイワノカワ」の上が生活の場

ほら、スキューバダイビングをする人間がまたカメラを手にやって来たわ。多いときは1日に何十人もよ。みんなワタシのことを探しているみたいなんだけど、なかなか見つけられない人が多いわ。だってワタシはまだ子供で大きさはたった3ミリほど。もっと小さい生まれたての頃は、頭に白い「天使の輪」みたいな模様があって、それがダイバーには「かわいくて、萌(も)え」なんだって。きょうの水温は16度。お寒い中、ご苦労さまね。

ワタシたちに海で出会えるのは主に冬から春。緑色や紫色、いろんなタイプの仲間がいるの。大人になると2センチくらいになるわ。でも、詳しいことは内緒。生態はまだあんまり知られていないのよ。赤い色のワタシは、エツキイワノカワという表面がつるつるとした赤茶色の海藻の上が大のお気に入り。だって、体が同じ色だから大きな怖い魚にも見つかりにくいでしょ。それに実は泳ぎがあんまり得意じゃなくて、おなかにある吸盤でくっついていられるから楽ちんなの。