オディアールの力強さ、ヴィンターベアの衝撃カンヌ映画祭リポート2012(2)

5月17日。いよいよ本格的な上映が始まった。地元メディアの注目が集中したのはフランスのジャック・オディアール監督。「真夜中のピアニスト」など豊かな情感をたたえた犯罪映画を手がけ、「預言者」でカンヌのグランプリも射止めた60歳。この日上映されたコンペ作品「錆(さび)と骨」は前評判にたがわぬ力作だった。 

「動詞」で語る映画作家

主人公のアリ(マティアス・スーナールツ)は5歳の息子を抱えながら、職も金もない流れ者。そんな男が、水族館でシャチのトレーナーをしているステファニー(マリオン・コティヤール)と出会う。ステファニーは悲劇的な事故にあうが、2人は困難を乗り越えて、歩き出す。

男と女のドラマである。誠実だが、女の気持ちがわからない不器用な男。激しい気性を内に秘めた、たくましい女。オディアール作品らしく、賭けボクシングなど裏の世界も描かれるが、主調は激しく生きる男女の愛の物語だ。原作はカナダの作家クレイグ・デビッドソンの小説だが、舞台は南仏の港町になっている。

オディアールはすべてを「動詞」で語る映画作家だ。盗む、食べる、歩く、殴る、泳ぐ、背負う、抱きしめる、性交する……。たとえば波光きらめく海で、シャツを脱いで裸で泳ぎ出す女の美しさ。無防備なまでに肌をさらした女を背負う男のやさしさ。車を降りて歩いてくる女の義足のくるぶしのまぶしさ。

セリフで説明するのではなく、ひたすら人物の行為で語る。「リード・マイ・リップス」で、追い詰められた青年ヴァンサン・カッセルが送るサインを、恋人エマニュエル・ドゥヴォスが双眼鏡でのぞき、読唇術で読み取る場面もそうだった。オディアールの映画が恋愛を基調にしながら、甘ったるい感傷と無縁なのは、いわば形容詞を排し、ひたすら動詞で語る映画の文体による。

形容詞のない文章がきりりと引き締まっているように、動詞だけで語られる映画は筋肉質で力強い。そしてダイレクトに人間の生をわしづかみにするような力がある。

「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」で米アカデミー賞主演女優賞を手にし、今やフランスを代表する女優となったマリオン・コティヤールがいい。難役だが、ヒロインの内に秘めた激しさを見事に表現している。

次のページ
ドキュメンタリーという原点
エンタメ!連載記事一覧