「グレース・オブ・モナコ」で開幕 キッドマン主演カンヌ映画祭リポート2014(2)

カンヌ映画祭の審査員の責任は重い。「ちょっとこれはどうかな?」という受賞結果がでると、翌朝にはジャーナリストと批評家が容赦なくたたくし、歳月を経ても歴史の厳しい審判を受ける。

開会式に先立つ14日午後、恒例の審査員記者会見が開かれた。コンペ作品の顔ぶれと同様に、今年は審査員にもカンヌの常連がそろった。

審査員、今年は女性が多数派

審査委員長はニュージーランドの女性監督、ジェーン・カンピオン。1986年に短編部門でパルムドールを受賞し、長編第1作「スウィーティー」をコンペに出品。93年に「ピアノレッスン」で女性初のパルムドールを獲得した。まさにカンヌの申し子だ。

ジャ・ジャンクー(中国)、ニコラス・ウィンディング・レフン(デンマーク)、ソフィア・コッポラ(米国)は出品監督として昨年もカンヌに来た。女優のチョン・ドヨン(韓国)は2007年に「シークレット・サンシャイン」で女優賞を受けた。俳優のガエル・ガルシア・ベルナル(メキシコ)は10年にカメラドール(新人監督賞)の審査委員長を務めた。

俳優のウィレム・デフォー(米国)、キャロル・ブーケ(フランス)も出演作が多数カンヌに招かれている。レイラ・ハタミ(イラン)はアスガー・ファルハディ監督「別離」の主演女優だ。

監督4人、俳優5人(ベルナルは監督もする)で、昨年に続き批評家や異分野の人材はなし。委員長を除く審査員が男女4人ずつというのは4年前から続く。今年は委員長が女性だから、ついに女性が多数派となった。

カンピオンは記者会見で「映画は私の人生すべてであり、その経験が観客としてどうあるかを形づくった。私は監督の世界観を味わい理解することに魅力を見いだしている。私たち全員が映画に情熱をもっている。どう反応するかを前もって予言することはできない」と語った。ブーケは「ジェーンの要請で、私たちは会期中、新聞・雑誌の記事を読まないことに決めた。客観的でいるために」と明かした。

ダンスをするニコール・キッドマン

夜7時15分に始まった開会式はフランスの俳優ランベール・ウィルソンが司会を務め、エレガントに進行した。アラン・レネ監督作品への出演で知られるウィルソンは3月に世を去ったレネに哀悼の意をささげ、カンピオン以下の審査員を紹介。客席に降りて、これから上映されるオープニング作品「グレース・オブ・モナコ/公妃の切り札」の主演女優ニコール・キッドマンとダンスを踊った。

エンタメ!連載記事一覧