決め手は食感 「メロンパン」東京対決

菓子パンの中でも定番になっている「メロンパン」

パンは室町時代後期に日本に伝わったとされる。ただ、一般の人がパンに親しむようになったのは、明治初期に菓子パンの一つ、あんパンが誕生してからだという。ジャムパンやクリームパンなど、日本人が創作した菓子パンはおやつや間食にもってこいだ。今回の「今週の3つ星スイーツ」は、そんな菓子パンの中でも定番人気の「メロンパン」にスポットを当てた。

メロンパンはパン生地の上にクッキー生地をのせて焼いたもの。果物のメロンとは関係なく、果汁や果実が入ってなくても「メロンパン」と呼ぶ(詳細は「ちなみに」参照)。審査会では、いつものように専門家が厳選した東京近郊で買える10商品を食べ比べた。パン生地とクッキー生地との食感の対比やバランスのよいものに星が輝いたほか、新しいタイプの「フランス風メロンパン」も評価を集めた。

★★★(3つ星)=文句なしのおいしさ。スイーツファンならぜひ食べるべき
★★☆(2つ星)=抜きんでている。電車賃を使ってでも買いに行きたい
★☆☆(1つ星)=水準を大きく上回る。遠回りしてでも買いに行きたい