「満月」で金運アップやワインの会… 人を結びつける月の光

2012/12/28

耳寄りな話題

今、なぜか「満月」がブームだという。月に1度の天体現象に合わせて金運上昇を祈ったり、自然派ワインを楽しんだり。様々なイベントを開く動きが目立っている。人々は満月にどんな思いを寄せているのか。きょう2012年12月28日はまさに満月の夜。その輝きを見つめながら、考えてみよう。

満月に向かって財布をフリフリ

満月に向かって財布を振りかざす「フリフリーゼの会」(11月28日、東京都渋谷区の「THE THEATRE TABLE」)

「満月ーーっ、ありがとう! 満月ーーっ、ありがとう! 満月ーーっ、ありがとう!」

11月28日の夜、東京都渋谷区の高層ビル11階にあるレストランのテラス。雲間から現れた満月に向かい、男女12人のグループが大声で叫んだ。それぞれの手には財布が握られ、月の光のパワーを取り込まんとするがごとく、天空に突き出す。

このグループは「満月お財布フリフリーゼ」の会。毎月満月の夜に集まり、月に向かって財布を振り、金運アップを願うという人たちだ。

タロット教室の講師などをしているみさきのゑさん(42)が会を始めたのは2009年2月。きっかけは、知り合いの通販会社の女性社長から、通販商品として作った金色の財布の販促アイデアを尋ねられたこと。何かの雑誌で、満月の日に財布を振ると金運が上がると書いてあった。

交流サイト(SNS)に、財布を振ったらどんな金運が舞い込んだか報告する「満月の力で臨時収入を得る会」というコミュニティーがあることも知っていた。当時2万人が登録していた。

40人が集まり絶叫したことも

それなら、と友人ら5人で女性社長の家に集まり、軽いノリで財布を振ってみた。「シロガネーゼ」をもじって「フリフリーゼ」と命名。ブログも作り、4月に女性約20人が集まるパーティーを開催。翌月には神奈川・鎌倉の銭洗弁天で、ブログを見てやってきた人も含めてお財布を振った。だんだん人が増え、同年夏に六本木ヒルズで開催したときには約40人が月に向かって絶叫した。

「フリフリ」の作法はこうだ。財布から領収書やクレジットカード、キャッシュカードなど、「消費」をイメージさせるものはすべて取り出す。現金は入れたままにして、満月に向かって財布を振りながら、感謝の言葉を3回叫ぶ。

ジュエリーアーティストのうららはるかさんは、2年前から顔を出す。会社勤めだったが、自分のデザインするパワーストーンの人気が出て独立できたり、あこがれだった銀座での展示会が開けたりと、金運が上がってきたことを実感している。

注目記事
次のページ
酒や食事楽しむ満月イベント各地に