スカイツリー周辺は和菓子の激戦区、1番人気は…

★★☆ 埼玉屋小梅「小梅団子」

2つ星を取った埼玉屋小梅の「小梅団子」

〈特徴〉黒ゴマとこしあん、きな粉と梅肉入りの白あん、磯の香りの青ノリとこしあん。それぞれ味の違う3種の団子が1つのくしに順番に並び、彩りも鮮やか。あんはすべて自家製で、さらにそれを包む求肥(ぎゅうひ)は非常に薄く、あんの食感、風味を一層引き立たせる。「ほんのりとした甘さとひかえめな塩気。大人から子供まで楽しめる味」(4代目の江原弘さん)だ。中でも梅肉入りの白あんは香ばしいきな粉との相性もよく、あんの甘さと梅の塩気、さらに香ばしいきな粉が口の中でちょうどよく混ざり合い、絶妙な甘酸っぱさを醸し出す。

明治30年(1897年)創業の老舗菓子店で、店名にもなっている「小梅」は「かつて店のあった地域を小梅町と呼んでいたことに由来する」(同)。小梅団子のほか、もなか、まんじゅうも人気で、店舗に併設する茶房ではお茶と一緒にじっくり味わうことができる。

〈感想〉「周りをくるむ求肥がごく薄く、中にはあんがたっぷり。まるで上生菓子のような感覚で、普通の団子のイメージと一線を画す」(平岩理緒さん)、「甘酸っぱい白あんは、香ばしいきな粉との相性もよく、その酸味のおかげでさっぱりといただける。見た目も味も珍しく、スカイツリー見学のお土産にも喜ばれそうな一品」(下園昌江さん)、「香ばしいゴマ、磯の香りがアクセントの青ノリ、塩加減がほどよい梅肉入り白あんと3種の味のコントラストが楽しく、食べ飽きない」(下井美奈子さん)

〈価格〉1本180円(3日以内着の地域なら取り寄せ可)

〈店舗〉東京都墨田区向島1-5-5(電話03-3622-1214)午前9時~午後7時、月曜休み(1日または祝日の場合、水曜日に変更)

〈最寄り駅〉東武線とうきょうスカイツリー駅より徒歩7分