エンタメ!

裏読みWAVE

蓮・結衣の時代が到来? 赤ちゃんの名前に10年周期 編集委員 小林明

2012/12/14

ここで、過去101年のランキング首位の変遷をたどると、興味深い流れが見えてくる。

表3は1912年から2012年までの推移(その年に生まれた男子の名前)である。

■流行のサイクルは10年前後?

1950年代から70年代にかけて黄金期を迎えた「誠」などを除くと、ほぼ10年程度のサイクルで流行の名前が入れ替わっているのが分かる。

ざっくりくくると、戦前の「清」→戦中の「勇」「勝」→戦後の「博」「茂」→高度成長期の「誠」→1980年代の「大輔」→1990年代の「翔太」→ミレニアム時の「大輝」→現在の「大翔」――というのがこれまでの大きな流れ。戦争、戦後復興、高度成長など各時代の世相の影響がうかがえて面白い。

■「大翔」時代から「蓮」時代へ?

今年1位になった「蓮」は、昨年のほか、2004年にも1位になったことがある。一方、昨年1位だった「大翔」は今年3位に後退した。“法則”に従えば、05年から始まった「大翔」時代には、そろそろ10年の節目が近付いていると考えられるだけに、「大翔」時代から「蓮」時代に流行の歯車が大きく回る可能性がありそうだ。

ちなみに、「蓮」がトップ10にランク入りしたのは1999年。以降、9位(99年)、8位(2000年)、5位(01年)、4位(02年)、8位(03年)、1位(04年)、3位(06年)、2位(07年)、9位(08年)、5位(09年)、1位(11年)、1位(12年)と推移してきた(05.10年はトップ10入りせず)。安定した人気を維持してきた“実力派”ともいえる。

表3

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL