旅行・レジャー

耳寄りな話題

1000匹が23区に 東京でタヌキが暮らせる理由 大手町のオフィス街にも登場

2011/8/16

大手町のビルで捕獲されたタヌキ(2010年11月5日、東京都千代田区の警視庁丸の内署)

 タヌキといえば、里山に暮らすイメージが強いが、東京23区内にも1000匹ほどが生息しているという。大手町のオフィスビルに夜間、自動ドアを開けて入ってくるなどの珍事も起きている。ライバルのキツネはもはや都心から撤退しているようだが、タヌキがしたたかに都会暮らしを続けられる理由はなんだろうか――。

 東京の上野動物園。クマ舎の脇の小さな獣舎で、メスのタヌキが1匹だけ飼育されている。名前は「しのっぴ」。数年前、近くの不忍池あたりで捕獲された。飼育担当の野島大貴さんは「正確な年齢は分からないが、まだ若くて動きが活発ですよ」と話す。顔つきは、よくある置物のような丸顔ではない。鼻が少々ツンとしていて面長な感じだ。夜行性なので昼間は寝ていることが多いが、食事のほかにたまにおやつとして昆虫を与えると、昼間でも興奮して走り回っている。そのスピードはネコほどではないが意外に早い。「この子はあまり人間を恐れない。人間たちの様子をじっと観察しているようなところがありますね」と野島さんは言う。

上野動物園の獣舎で元気に走り回るタヌキのしのっぴ

 この「しのっぴ」のほかにも、東京には、ひそかに人間を観察して生きているタヌキたちがいるようだ。2010年11月には夜間、大手町のJXビルに体長50センチほどのタヌキが1匹、地下の自動ドアから入ってきた。けがをしている様子もなかったので、捕獲後、警視庁丸の内署が都内の緑地に放している。09年には、竹橋のオフィスビルの地下駐車場に迷い込んだ子タヌキが保護され、衰弱していたのでミルクなどを与えられた。

 野生のタヌキが都会に出没するのはなぜだろうか。「タヌキたちのびっくり東京生活」などの著書がある動物ジャーナリストの宮本拓海さんは「都心には案外、タヌキが暮らせる緑地が残っているんですよ」と解説する。タヌキは、昆虫やムカデ、ミミズといった地表の小動物や、カキ、ムクノキ、ギンナンといった果実を食べるが、行動範囲は結構狭く、半径数百メートルほどに収まることが多い。東京には夜に閉鎖される緑地公園などがそこそこあるが、そうしたところがあれば暮らしていける。さらに東京には天敵の野良犬がほとんどいないのが好都合なのだという。

ALL CHANNEL