エンタメ!

裏読みWAVE

LVMH、不動産会社がなぜブランド帝国に? 編集委員 小林明

2013/1/11

 高級ブランドの世界最大手、仏モエヘネシー・ルイヴィトン(LVMH)。ルイ・ヴィトン、クリスチャン・ディオールなど60以上のブランドを抱え、売上高(2011年12月期)は236億5900万ユーロ(約2兆7千億円)。

 11年には伊ブルガリを買収、さらに仏エルメスの株式取得も進めるなど、今なお成長を続ける巨大ブランド帝国だが、そもそもの出発点は北フランスの建設・不動産会社だった。

■出発点は北仏の不動産会社

 なぜ畑違いのブランドビジネスに足を踏み入れたのか?

 なぜ貪欲(どんよく)にブランドを買い続けるのか?

 グループの歴史をたどると、興味深い企業戦略や秘話が浮き上がってくる。

 グループを率いる総帥、ベルナール・アルノー最高経営責任者(CEO)の側近で、傘下のブルガリのCEOを務めるマイケル・バーク氏が、これまでのグループの軌跡や、「カシミヤを着た狼(おおかみ)」と呼ばれるアルノー氏の素顔についてインタビューで初めて明らかにした。

 LVMHの軌跡をたどる前に、まずグループ傘下にどんなブランドがあるのかを確認しておこう。

■「おしゃれ+酒+小売り」のユニークな形態

 大きく分けると部門は5つ。

 「ファッション・レザー」ではルイ・ヴィトン、クリスチャン・ディオールなど仏ブランドのほか、フェンディなど伊ブランド、ダナ・キャランなど米ブランドを抱える。パリやミラノ、ニューヨークのコレクションでもおなじみのブランドだ。売り上げ全体の4割近くを占める稼ぎ頭になっている。

 これにブルガリなどの「時計・宝飾」、ゲランなどの「香水・化粧品」、ドン ペリニヨンなどの「酒類」、免税店のDFSなどの「小売り」を加えたのが基本構造。つまり、「おしゃれ関連」「お酒」「小売り」を足し合わせたユニークな形態になっている。

 ブランド(社名)はどれもよく耳にする有名なものばかりだが、これらを同一グループが所有しているという事実は意外に知られていない。LVMHグループ全体として宣伝したことがないからだ。

 では、なぜグループ全体として宣伝しないのか?

 そもそも、どうして前身が建設・不動産会社で、それがなぜ世界最大のブランド帝国に変貌(へんぼう)を遂げたのか? 

 その謎に迫ってみよう。

エンタメ!新着記事

ALL CHANNEL