人見絹枝 弱音吐かず、挑み続けるヒロインは強し(木内昇)

東京オリンピック開催が決定し、女性選手の活躍も今から期待される。その礎とも言える存在が陸上競技の人見絹枝だ。陸上の女子参加が認められなかった近代オリンピック草創期、大正15年(1926年)開催の、第二回万国女子オリンピック大会に単独出場した日本人選手である。

並はずれた運動能力を開花させたのは県立岡山高女入学後だった。県下の秀才が集まるこの学校で庭球部に入り、練習に励んだ。加えて家から学校まで六kmを毎日往復する中で脚力がつき、請われるままに出場した中等学校競技大会では、走り幅跳びの日本記録(非公認)を打ち立てた。

■万国女子五輪で優勝 1907~31年。岡山県御津郡福浜村生まれ。大正9年(1920年)年、岡山県立高等女学校に入学。庭球部、陸上競技で活躍し、二階堂体操塾に進学。京都第一高等女学校に奉職したのち、大正15年(1926年)、大阪毎日新聞社に入社。同年、第二回万国女子オリンピック大会に出場。個人総合得点で優勝する。自ら選手派遣費用の捻出にも奔走し、第三回大会に出場した翌年、乾酪性肺炎のため逝去。

それでも彼女に、スポーツの道に進む意思は微塵(みじん)もなかった。女子高等師範学校に進学して教師になろうと決めていたのだ。女が運動すること自体、珍しい時代、両親も立派な家庭婦人にしたいと願っていた。高女の校長だけが熱心に体操学校進学を勧め、結局はその熱意にほだされて、東京の二階堂体操塾(現・日本女子体育大学)へ入学する。

ここからハードな選手人生がはじまる。遊ぶ時間もなく、練習は過酷を極めた。けれど彼女は「一度決めた道だから」と弱音ひとつ吐かないのである。卒業後は体育教師となり、のちに大阪毎日新聞から声が掛かって記者と選手の二足のわらじを履いてからも、黙々と精進を続けた。その結果、陸上をはじめてたった三年で万国女子オリンピック代表の座を勝ち取ったのだ。

大会で出会ったリトアニアの選手たちが「地球上にリトアニアという国があると知らせてほしい」という祖国の願いを抱いて参加していた、というエピソードがある。絹枝もまた「日本の威信」を背負っていた。そういう時代だった。重圧の中、打ち出したのは、一〇〇ヤード決勝三位、円盤投げ二位、走り幅跳び一位という見事な結果だった。

絹枝の活躍で女子陸上の競技人口は着実に増えていった。絹枝自身も次のオリンピックを目指して、国内大会で活躍していく。第一人者である彼女に、年若い選手や美人と名高い双子の走者・寺尾姉妹が敗れたりすると「化け物」という心ない中傷を浴びせられることもあった。それでも絹枝は逃げなかった。

事をなす前にあらかじめ言い訳を用意する、予防線を張る人をたまに見る。失敗したとき自分を守る術なのだろうが、その労力をこれから挑む仕事に注ぎ込むほうが賢明だ。絹枝は言い訳をしない。したくないから無心に走り、記録を残せたのではないか。

第三回万国女子オリンピックでも走り幅跳び一位という好成績を収め、帰国後いっそう陸上競技の普及に力を注いだ絹枝だったが、過労が祟ったのか病に倒れ、二十四歳という若さで帰らぬ人となる。病床でも「こんなことで死ねるものですか」と看病の人々を逆に励ましていたという。

「女が運動なんて」と誰もが思っていた時代を、彼女は颯爽と、堂々と走り抜いた。自分の能力を知り、周りの声に惑わされることなく、高みを見て挑み続けたのだ。

[日本経済新聞朝刊女性面2013年10月12日付]

木内 昇(きうち・のぼり) 67年東京生まれ。作家。著書に「茗荷谷の猫」「漂砂のうたう」(直木賞)「笑い三年、泣き三月。」「ある男」など。

※「ヒロインは強し」では、直木賞作家の木内昇氏が歴史上の女性にフォーカス。男社会で奮闘した女性たちの葛藤を軽妙に描きます。

注目記事