久々の3つ星 1000円で納得、究極の「義理チョコ」

1000円前後の価格で購入できるチョコレート菓子を厳選した

もうすぐバレンタインデー。意中の男性に贈る「本命チョコ」だけでなく、日ごろの感謝の気持ちを伝えるため会社の上司や親しい知人にチョコレートを贈る人も多い。そこで「今週の3つ星スイーツ」では今回、お世話になった人に贈りたい絶品の「義理チョコ」を紹介する。

会社から帰宅途中などに入手しやすいように、東京近郊の百貨店で気軽に買える1000円前後のチョコレート菓子を対象にした。専門家らで構成する「日経スイーツ選定委員会」で複数の商品を厳選して食べ比べた。洋風や和風の様々なチョコ菓子が顔をそろえるなか、チョコレートと洋酒の香り高い逸品が3つ星を獲得した。3つ星は2011年10月20日に掲載した「取り寄せ栗菓子」以来、約3カ月半ぶり。ちなみに、過去のバレンタイン特集では1年前の2011年2月の「ボンボンショコラ」の回で、ジャン=ポール・エヴァン「ボワットゥ ショコラ」が2つ星、オリジンーヌ・カカオ「チョコレート詰め合せ」が1つ星をそれぞれ獲得している。こちらもおすすめだ。

★★★(3つ星)=文句なしのおいしさ。スイーツファンならぜひ食べるべき
★★☆(2つ星)=抜きんでている。電車賃を使ってでも買いに行きたい
★☆☆(1つ星)=水準を大きく上回る。遠回りしてでも買いに行きたい