WOMAN SMART

3つ星スイーツ

モンブランに「和」ブーム 新進気鋭のシェフの一品

2012/10/4

最近は新栗を使った期間限定のモンブランも多い

多くの人から愛される秋のスイーツの主役「モンブラン」。年中販売する定番商品のイメージも強いが、最近はその年に収穫した国産の新栗を使った期間限定品も増えている。今回テーマにした「新しいお店のモンブラン」でも、新鮮な和栗を使った商品が上位に入った。上品な甘さにほんのり苦みも感じる懐かしい味わいの和栗。その特徴を最大限引き出すように、新進気鋭のシェフが風味豊かに仕上げた。新栗のモンブランが店頭に並ぶのはこの時期だけなので、存分に味わおう。

モンブランを紹介するのは2010年10月14日以来、2回目。今回は、2010年以降に首都圏で開店した新しいパティスリー(ケーキ店)の商品を対象にした。いつものようにスイーツ専門家による事前審査で10商品に絞った上で実際に店頭で購入。専門家と日経記者で構成する「日経スイーツ選定委員会」が食べ比べ、自信をもっておすすめできる新顔「モンブラン」を選んだ。

モンブランはこれまで濃厚な味わいの洋栗を使ったものが多かった。新しい店を切り盛りする気鋭のパティシエが手がける和栗のモンブランは、見た目はスタイリッシュなのに、味わいは栗本来の自然な風味を重視したものが目立つ。砂糖も控えめで食べやすく、気がつくと1個平らげてしまっているほどだ。「どれもおいしくて比べられない」――。各店のレベルが高く、評価には一同、頭を抱えた。難しい審査の中、星を左右したキーワードは「和栗」「絞りたて」の2つだった。

★★★(3つ星)=文句なしのおいしさ。スイーツファンならぜひ食べるべき
★★☆(2つ星)=抜きんでている。電車賃を使ってでも買いに行きたい
★☆☆(1つ星)=水準を大きく上回る。遠回りしてでも買いに行きたい

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経DUAL
医療保険 「マストではない」理由をFPが解説
日経doors
嫌よ嫌よはマジで嫌 NOも言えない、こんな世の中じ
日経ARIA
40代からの歯科矯正はあり? 失敗しない歯科医選び
日経DUAL
手軽なツールSNS 疲れずに仕事人脈をつくるコツ
ALL CHANNEL