旅行・レジャー

日本の歩き方

長寿日本一・長野県のマカ不思議な仙人食

2014/1/13

厚生労働省の2010年の調査で男女とも長寿日本一となった長野県。信州の食生活が、そのカギの一つであることは確かだろう。ただ、その食べ物で知られているのは「そば」「おやき」「野沢菜」くらいではないか。信州の食を探ると、地元の伝統的な食材をうまく活用して、あの手この手の工夫で食べようとしている姿に行き着く。そんな食べ物の数々を紹介しよう。

塩を使わない漬物

皆ですんきを食べ比べる(木曽町のすんきコンクール、13年12月)

「乳酸菌たちの気まぐれオーケストラ」。渋い演技で知られる俳優の田中要次さんがそう形容する食べ物がある。木曽地方に伝わる「すんき漬け」だ。

田中さんは木曽町出身で、全国のバラエティー番組などに出演するごとに自称大使としてこの食べ物の魅力を訴えてきており、2009年に晴れて正式に「木曽町すんき大使」となった。

「すんき漬け」とは赤かぶの葉を乳酸菌で発酵させた漬物だ。その歴史は古く、元禄年間、芭蕉一門の連句の会で「木曽の酢茎(すぐき)に春も暮れつつ」(凡兆)との句が詠まれたほど。

最大の特徴は一切、塩を使わないことだ。すでにできあがった「すんき漬け」を種として、カブの葉と一緒に漬けてつくる。酸っぱくてそのままでは少々味が足りない印象を受けるが、みそ汁などに入れたり、そばと一緒に食べたりすると非常によく合う。地元のそば店では「すんきそば」としてメニューに載っているところもある。

一軒一軒で味が異なるのが、田中さんが「気まぐれオーケストラ」と呼ぶ由来だ。木曽町では各家庭で漬けるのが一般的。「すんきコンクール」が毎年開催され、最も優れた人は「すんき名人」と呼ばれる。13年には20回を迎えた。

最近注目されだしたのは無塩という特徴が大きい。厚生労働省の2010年国民健康・栄養調査の都道府県別データをみると、野菜摂取量と塩分摂取量の間には明らかな相関関係が見られる。これは全国的に野菜を漬物などとして食べることが多く、野菜を多く取ると、結果的に塩分を多く摂取してしまうからだ。

「すんき漬け」はできあがったすんき漬けとカブの葉を漬けてつくる

長野県は昔から野菜摂取量が多いが、同時に塩分の取りすぎにも悩んできた。今回の長野県の長寿日本一は、減塩運動により脳卒中の発症などを減らしたことが大きいとされる。「すんき漬け」はこの問題をクリアできる数少ない漬物なのだ。

長野県外ではイベントなどを除けば、ほとんど売っておらず、ネット通販などを活用する方法が一般的。ただ知名度が上がってきたため、木曽地方に来る観光客の購入は増えている。木曽町がまとめた町内の主要加工施設への聞き取り調査によると、2010年度に13.4トンだった生産量は12年度には17.2トンまで増えた。

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL