旅行・レジャー

日本の歩き方

幕末・維新がつくった会津・馬刺しの妙味 東北肉紀行

2013/11/30

街を歩くと「馬さし」と書いた大きな看板が目に入った。鶴ケ城で知られる福島県会津若松市の西隣。越後街道の宿場町だった人口1万7000人の会津坂下町は馬肉を扱うスーパー・精肉店が12軒、飲食店が約20軒ある、さながら「馬肉の街」だ。

淡泊な味わいを辛子味噌で

会津の馬刺しは柔らかく淡泊な味わいが特徴(会津美里町)

「竹原肉店」の渡部美幸さんによると「町の精肉店では馬肉の売り上げが7~8割」。同店では刺し身や焼き肉、煮込み用など10~15種を店頭に並べている。会津坂下町商工観光班は「1人当たりの馬肉の消費量はおそらく全国一だろう」とみている。

今でこそ不便な印象のある会津だが、かつては東西南北を結ぶ交通の要所。荷役に使う馬に加えて農耕馬も多かった。と畜場とセリ場が会津坂下町にあったこともあり、馬肉が身近な食材になっている。

会津の馬肉の9割強を生産している会津畜産(会津若松市)の宮森大典専務に「馬刺しは東京の居酒屋でしか食べたことがない」と話すと、会津坂下町のお隣、会津美里町にある「肉の丸長本店」を紹介された。

1頭から3~5キロしか取れない最上のヒレを使うという(会津若松市の鶴我会津本店)

出てきた馬刺しは、赤身がひときわ強い。そのままかじってみると、マグロの刺し身を思わせる淡泊な味わい。柔らかく、歯がすっと入る。店特製のたれにつけてほおばるとニンニクなどの香りが、ほのかな肉のうま味を引き立てた。

ホルモンは味噌で味付けしてある。本来は焼いて食べるのを間違えて生で食べてしまったが、柔らかくて違和感はなかった。問題もないという。馬肉は融点が低いので溶けやすく、消化吸収も早いとされるせいか、食べ過ぎても胃がもたれなかった。

東京にも店を出している郷土料理店、鶴我会津本店(会津若松市)の看板メニューも馬刺しだ。氷の上に盛って出てきたのは、濃い赤色のかたまり。1.5センチほどに分厚く切り分けている。これも見かけと違ってあっさりしている。

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL