焼きそばか、ラーメンか 「黒石つゆやきそば」だ!東北麺紀行(4)

「つゆやきそば」。昨年青森県に着任した東京育ちの記者には、初耳だった。聞くところによると、熱いそばつゆやラーメンスープの中に「焼きそば」が入っているらしい。にわかには信じがたい。そこで早速、青森県黒石市で「つゆやきそば」を提供している店の厨房をのぞかせてもらった。

太さ5ミリの太麺はボリューム満点

まず、フライパンで豚肉とタマネギ、ニンジンをさっといためる。市販の焼きそば専用のソースと少量の水を足す。そこへ麺を投入。これが太さ5ミリメートルもある太麺。一瞬「焼きうどんか」と思う。

麺にソースがなじんで水分がなくなったら、たっぷりのキャベツとピーマンを加える。あくまで軽く短時間でいためる。火が通りすぎるとキャベツのシャキシャキした歯応えが消えてしまうからだ。

最後にウスターソースを加えて味を整える。湯気とともにソースの香ばしい匂いが立ち上がる。麺の太さが多少気になるが、ここまでは間違いなく「普通の焼きそば」。本来ならこのまま紅ショウガとアオノリで「完成」のはずである。

間髪入れずラーメンスープ

(1)黒石独特の「太平麺」をほぐしながら入れる
(2)野菜入りの太麺の焼きそばを丼に盛りつける
(3)「焼きそば」にたっぷりとラーメンのスープをかける

ところが、できあがった「焼きそば」は皿ではなく丼に盛られた。様子が変だ。すると、間髪入れずに焼きそばの上からたっぷりのラーメンスープが豪快に注がれた。あっけにとられていると、仕上げは揚げ玉(天かす)とネギのトッピング。一味トウガラシが添えられた。

少し首をかしげながら、箸をつける。太い麺はモチモチしてかみ応えがある。紛れもない、食べ慣れたソース焼きそばの味。スープをすすると、これも紛れもないラーメンのコク。野菜のうま味もしっかりしている。

だが、食べ進むと、麺に染み込んだソースがスープに溶け出すのか、味がどんどんソース味に変化していく。気がつくと、1杯600円の「初体験やきそば」を、スープの最後の一滴まで飲み干して完食していた。

江戸時代からの木造アーケード「こみせ」が続く歴史情緒満点の黒石市中心街。開業25年の軽食喫茶「」のメーンメニューは「つゆやきそば」だ。

一人で切り盛りする鳴海幸江さん(70)は「つゆやきそばを始めたのは5年ほど前から。周りの店がみんなやっているから右にならえ、で。でも、やるからには自分なりにオリジナルなものを出したい。試行錯誤の末、油を使わず、野菜たっぷりのヘルシーでさっぱりした味わいにしたのがウチの特徴です」と話す。

現在、同市内で「つゆやきそば」を提供している飲食店は約70店。それぞれの店が味付けや具材の取り合わせなどで独自のスタイルを持っている。だから、鳴海さんの「つゆやきそば」も必ずしもスタンダードなものではないという。焼きそばにかけるつゆは、市販の日本そば用の麺つゆやラーメンスープが主体だが、店独特の「秘伝のつゆ」を使うところもある。具材もキノコや卵、天ぷらなど実に幅広い。