山中にそびえる「東洋のマチュピチュ」 別子銅山跡

西日本一の高さを誇り「四国の屋根」と称される石鎚山系の東端、赤石山系。その一つ、標高1294メートルの銅山越(愛媛県新居浜市)の周辺は、登るにつれて時を遡ることができる空間だ。

一帯にはかつて住友家が営んだ別子銅山があった。元禄4年(1691年)の開山から昭和48年(1973年)の閉山まで、282年間にわたって銅を採掘した。山中では往時を物語る遺構が静かに時を刻む。深い山の奥にたたずむ威容は、南米ペルーの山中にあるインカ帝国の遺跡になぞらえて「東洋のマチュピチュ」の別名を持つ。

坑内につながる通洞から出る冷気で入り口は白く煙る(マイントピア別子)

総延長700キロメートル

銅山跡を訪ねるには、まずJR新居浜駅からバスで山麓付近の端出場(はでば)に向かうのが一般的だ。海岸線から内陸へ数キロメートル。険しい山が目の前に迫る。ここは最後の採鉱本部が置かれた場所で、今は遺構を生かした観光施設「マイントピア別子」がある。

坑道は山頂付近から掘り下げられ、最終的には延長約700キロメートル、深さは海面下約1000メートルにまで達した。マイントピアではその一部を見ることができる。山腹を長さ10キロメートル近く水平にくりぬいた物資運搬用のトンネル「通洞」が残っており、暗闇をのぞくと今でも削岩機の音や労働者の声が聞こえてきそうだ。夏には30度を超す外気との温度差は約15度。冷気が白い霧状になって吹き出ているのが見える。