WOMAN SMART

朝・夕刊の「W」

働くママが創る 子どもが楽しく過ごせる預け先

2014/7/26

子どもが楽しく過ごせれば、親は安心して生き生きと働ける。仕事と育児の両輪をまわせる環境を自らの手で作ろうと取り組む女性が出てきた。方法は様々だが、共通するのは子どもの視点を重視する姿勢だ。
「ママサポーター」と一緒に子供の世話をするアズママの甲田恵子社長(東京都中央区)

「子どもを信頼できる人に任せられるならもっと働きたい女性は多い」。近所同士で子どもを預け合う「子育てシェア」を全国展開するアズママ(横浜市)の甲田恵子社長(38)はそう話す。

甲田さんは従来、娘(9)を出産後も仕事重視の会社員だったが、リーマン・ショックの余波でIT企業や投資会社で築いてきたキャリアを失った。失業中に職業訓練校で、仕事と育児の両立難で離職した女性たちに出会う。一方で社会参加を求める専業主婦も多いと知った。「両立したい女性と社会貢献したい女性が出会えれば、問題は解決する」と思った。

全国各地で親子同士の交流イベントを開催。顔見知りになったうえで、例えば保育園のお迎えに間に合わない場合にサイトでSOSを出すと、対応可能な母親がお迎えや一時預かりを担う。

預かる側の5割超は保育士などの有資格者で、8割は小学校低学年以下の子の母親。保育士などとして復帰するにはまず自分の子をどこかに預ける必要がある。子育てシェアなら自分の子と一緒に世話でき、潜在的な労働力を生かせる。「子どもは友達の家に遊びに行く感覚」(甲田さん)

料金は1時間500~700円。アズママは母親のネットワークを生かした広告などで収益を得る。開始1年で登録者は1万人に広がった。

子育て世帯のうち、妻が働く割合は20代後半から30代で年々高まっている。従来は子どもが成長後にパートなどで仕事を再開していたが、キャリアを中断せずに働き続ける女性が増えている。

小学生が放課後、学校内や児童館で過ごす学童保育の充実に奮闘する女性もいる。住友生命保険CSR推進室の須之内たか美さん(35)だ。

NPO法人が行う学童保育のプログラムを視察する住友生命の須之内たか美さん(横浜市戸塚区)

7月から、長崎県や福島県、東京都などの学童保育でドッジボール日本代表が技を伝えたり、心臓外科医の指導の下、実際に手術で使う糸を使って縫合を疑似体験したりする「出張授業」が始まった。住友生命がCSRの一環で資金や全国の営業網を提供。放課後NPOアフタースクールという団体が運営を担う。

このプログラムを事業化してきたのが、自身の娘も来年度から小学生になる須之内さん。2011年、「子育てにやさしい会社」を目指す佐藤義雄会長(当時社長)から「今後は保育園卒園後の子どもの居場所がなくなる『小1の壁』が問題になる」とプロジェクト立ち上げを指示された。夫は単身赴任中で一人で子育てをするなか「保育園後、働く母の不安は小学校の放課後の過ごし方に移る」と実感していた。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
鎌田安里紗 ギャルだった私が「エシカル」を選んだ
日経DUAL
大ヒット文具開発パパ「娘におもろい!を言い続ける
日経ARIA
氷河期世代の44歳 ブラックな働き方と専業主婦の狭
日経doors
社会心理学でズバリ診断 あなたはこんなリーダーに
日経DUAL
岡崎朋美 育児と五輪挑戦を両立したことは私の財産
日経ARIA
山梨の限界集落に移住、家賃2万円の古民家で2拠点生
日経doors
離婚弁護士が教えるブラック彼氏の見極め方&対処法
ALL CHANNEL