近大・伊根・プリンセス… 養殖マグロにブランド

人工ふ化させた稚魚を育てた東洋冷蔵の「ツナプリンセス」

初セリの落札額は昨年の20分の1に下がったが、天然クロマグロが高根の花であることに変わりない。小売店や回転ずしで庶民の食卓に根付いているのが養殖マグロだ。天然物と比べた割安感が最大の魅力だが、産地や品質、特徴は様々だ。漠然と選ぶのではなく、好みのものを探してみてはいかがだろう。

近大マグロ、銀座に2号店

マスコミでも頻繁に取り上げられ、すっかり有名になったのが「近大マグロ」だ。

漁師が取った幼魚を3~4年かけて育てる一般的な養殖マグロと違い、近畿大学が人工ふ化させた稚魚を育てる。天然資源に負荷をかけない「完全養殖」が最大の特長。その実現に費やした苦節30年の歳月も話題性を高めている。

昨年、大阪と東京・銀座にアンテナショップと位置付ける飲食店を開いた。人気があり過ぎるのが難点だ。「大阪では11時からのランチ営業で2分後に予定していた数量が売り切れてしまうことがある。東京でも予約の受け付け開始当日に、翌月分まですべて埋まってしまう」(近大広報部)という。ハードルは高い。

しかし裏技がある。近大は自前で育てて出荷する以外に、人工ふ化させた稚魚や幼魚を外部の養殖業者に販売している。「近大育ち」ではないが「近大生まれ」という兄弟分の養殖マグロが増えているのだ。

その一例が「ツナプリンセス」。三菱商事子会社の東洋冷蔵が近大から仕入れた稚魚を育て、13年秋から販売を始めた。鮮魚チェーンの魚力などが扱っている。育て方が違えば味も変わるが、少なくとも「完全養殖マグロ」は味わえる。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
日本水産の「伊根マグロ」、日本唯一の短期養殖
MONO TRENDY連載記事一覧