夏はカブトムシの季節 家庭飼育は日本独自の文化

樹液に集まるカブトムシ=写真 永幡嘉之

夏はカブトムシの季節。全国各地で週末を中心に、観察会やカブトムシ相撲などの行事が催されている。

かつてはスイカ 今はゼリーが餌に

各種の本や図鑑をみれば、カブトムシは「樹液に集まる」とある。樹液とは、木々の幹から流れ出す汁のこと。コウモリガやカミキリムシの仲間によって傷つけられた場所から、本来は根から吸い上げられて木々の枝葉に行き渡るはずだった水分が流れ出し、時にそれらは発酵して、多くの虫たちにとって重要な餌となる。

クヌギやコナラ、ヤナギ類などの樹液には、カブトムシやクワガタムシをはじめ、カナブン、ルリタテハ、オオムラサキなど各種の昆虫が集まる。そして、それらを狙って子供たちも集まる。雑木林には、樹液の出る木を結ぶように草を踏み分けた道ができる。

ホームセンターばかりでなく、スーパーマーケットにも、夏になればカブトムシ用の飼育ケースや虫かご、虫捕り網などが並ぶ。カブトムシを、同好者ばかりでなく、広く大衆が飼うという文化はほぼ日本独自のものだ。店先に虫捕り網や虫かごがある光景も、書店に必ず昆虫図鑑が並んでいる場面も、日本では子供たちへの需要があるからであって、海外ではまずお目にかかれない。

ところで、カブトムシは野外では樹液に集まるとして、もし飼育する際に「何を食べるか」と尋ねられたら、あなたはどのように答えるだろう。

シロスジカミキリの幼虫は生木の幹を食べ、樹液が出る原因をつくる=写真 永幡嘉之

かつては、カブトムシの餌といえば、スイカなどの果物の皮やへたと相場が決まっていた。スイカは皮の内側に赤い部分を少し残して食べるが、それを水槽に入れておくと、かじりついたカブトムシはそこから離れず、翌朝までにすっかり真っ白になっている。だから、子供がスイカの白い部分までかじっていると、「カブトムシみたいなまねはみっともない」とたしなめられたものだ。

ところが、今では昆虫用のゼリーがすっかり普及し、「カブトムシはゼリーを食べる」という時代になった。それによって、水槽に小バエが集まることもめっきり減った。かつてはカブトムシの水槽は勝手口などに置かれたものだが、今ではきれいに掃除された室内に遇されることで、小バエの存在も気になる時代になったのは確かだ。