みかんを食べるブリ 「養殖魚の王」新時代

立春を過ぎたとはいえ、寒さが厳しいこの時期、脂ののった寒ブリがおいしい。魚は産卵に備えて栄養を蓄える。ブリの産卵期は2月から。主産卵場の東シナ海を目指して南下してくる。大きく成長するほど、そして北に回遊するほど、脂がのるといい、北海道まで回遊してたっぷり餌を食べた4、5歳のブリの脂肪含有量はマグロのトロ並みの25%にもなる。

ブリの養殖は80年前から

ブリの群泳=魚津水族館提供

ブリは養殖のもっとも盛んな魚で、海面養殖される魚類のほぼ3分の2を占め、「養殖魚の王」といえる。養殖の歴史も古く、80年余り前に香川県で始まった。養殖は、春先から初夏にかけて、海面を漂う海藻につく稚魚のモジャコを捕まえて、網イケスの中で育てる。

私の学生時代、モジャコの餌付けを実習したことがある。鹿児島湾の南端に近い山川港で、採捕されて間もないモジャコに餌をやるのだ。毎朝6時前には最初の餌を与え、夕方までに数回給餌する。朝寝・夜更かしが身に染みた学生にはつらい実習であったが、海で魚を育てるには人間の都合でなく、魚の都合に合わせるのが肝心だと学んだ貴重な体験であった。

水族館でマグロやカツオがまだ飼育できなかった時代、ブリは遊泳性魚類の代表であった。1964年に大分マリーンパレスに登場した水路型の回遊水槽は、それまでの小型水槽では目にすることのできなかった、ブリが流れるように泳ぐ姿を見ることができ、多くの人を魅了した。

魚津漁協でセリにかけられるブリ。紙の数字は体重キログラム=魚津水族館提供

その後、魚類の飼育技術が発展し、寿司屋や割烹(かっぽう)料理店の店先に備え付けられたアクリル水槽で海水魚が飼育されるようになると、飼育が比較的容易なブリ(ハマチ)はどこでも見られるようになり、水族館でブリを見る機会は減っていった。

最近、世界的に魚の消費量が増加し、魚類資源の減少が心配されている。環境の悪化と魚のとりすぎが原因といわれているが、ブリはこの10年間、資源状態は健全で、漁獲量は1割ほど伸びている。マグロやサケなど主要な水産対象魚の中で、資源が増加しているのはブリだけだという。