出身県当てます 女子大生が開発「方言チャート」

方言に関する二択に何問か答えるだけで、出身都道府県が分かる――。そんな「出身地鑑定方言チャート」を東京女子大学の学生が開発中だ。指導に当たっているのは、方言なのに共通語だと思い込んで使っている「気づかない方言」の研究で知られる篠崎晃一教授。現在は6割程度というチャートの正解率だが、7割まで向上できたら対外的に公表する方針で、11人のゼミ生らは「自分の出身地を好きになるきっかけになれば」と期待している。

方言チャートづくりで議論する東京女子大学篠崎ゼミの学生たち(東京都杉並区)

まずは東日本・西日本を判別

記者(34、静岡県西部出身)が試行版のチャートを試してみたところ、確かに静岡県にたどり着くことができた。一体どんな仕組みになっているのか?

チャートは、まず出身地を東西に割り振ることから始まる。1問目に登場するのは「『そんなことやらん』と言いますか?」。否定の助動詞に「ない」を使う東日本と、「ん」を使う西日本という典型的な東西分布を反映している。

最初の数問で東日本か西日本だけでなく、方言的な特徴や傾向をつかんで地方別に誘導していく。地方の分類は「北海道・東北・新潟」「関東」「長野・山梨・静岡」「東海3県」「北陸3県」「近畿」「中国」「四国」「九州」「沖縄」。チャートは全体で9ページ、設問は80問超で成り立っている。

篠崎教授が強調するのは「二段構え」の構造。1問目の「やらん」で「言わない」を選ぶと、次に待っているのは「『明日、家におらん』と言いますか?」という質問。東日本の「いる」と、西日本の「おる」も、「ない・ん」と並んで東西差が色濃く出る。西日本出身者が何らかの事情により1問目で「言わない」を選んでしまっても、ここで「言う」を選べばちゃんと西日本ルートに戻れるような仕組みを用意している。

3~13歳の居住地が前提

地方のページまで到達すれば、ピンポイントで出身を特定できる質問も用意されている。「『鶏の空揚げ』の『ザンギ』」(北海道)、「『(1)、(2)』を『いちかっこ、にかっこ』と読むか」(山形)、「『口の中のできもの』の『かぜねつ』」(福井)、「『開けたら閉める』という意味の『あとぜき』」(熊本)――などが有名で、これらの方言はほぼ100%その道県でしか使われていないという。

出身県にたどり着かないケースで多いのが、隣県に行ってしまうパターン。複数の県にまたがって使われる方言も多いため「県境の人は難しい」と篠崎教授。逆に同一県内でも一部地域でしか使われない方言もある。これは江戸時代の藩の区画が、方言の境界としてより影響力を持つ場合がしばしばあるためだ。また3~13歳ぐらいが言語形成期に当たるため、この時期に同じ所に住み続けていることがチャートの前提となっている。

出身地鑑定方言チャート(試行版)の1ページ目