オートバイ、二輪なのになぜ「単車」 呼び名の由来は?

オートバイでツーリング。高速道路のサービスエリアで一休みしていると、年配の方から「単車は気持ちいいでしょう」と声を掛けられました。会話の後、交わした内容よりも久しぶりに聞いた「単車」ということばが耳に残り、一つの疑問が湧いてきました。二輪車はなぜ単車と呼ばれるのでしょうか。

年配者の使う言葉?

バイクはいまや趣味の道具に

オートバイは道路交通法では自動二輪車とされるため、単車という言い方は正式なものではありません。どちらかといえば年配の方が口にすることが多いようです。「単」には当然「二輪」の意味が含まれていません。辞書で単車を引くと「オートバイ・スクーターなど、発動機付きの二輪車」(広辞苑第6版)とだけしかなく、なぜ「単車=二輪車」なのか、手がかりはつかめませんでした。辞書からのアプローチよりも、オートバイがこれまでどのように使われてきたかを調べていくと、単車ということばの由来が見えてきます。

もともとオートバイはサイドカーを付けたり荷台のある三輪車だったりと、実用車として開発され、使われてきました。第1次世界大戦前後から、欧米では軍用にサイドカー付きオートバイ(motorcycle with sidecar、略してサイドカーとも)を採用。兵員3人が乗れ、機動力があり自動車よりも安価で簡便な点が買われたからです。第2次世界大戦にかけても兵員や物資の輸送に多くが使用されました。日本ではというと、悪路の多いアジア大陸の使用に不向きなためそれほど重宝されなかったようです。

広まったのは第2次大戦後

日本でサイドカーが普及したのは第2次大戦後。日本自動車工業会のホームページ(HP)には「日本においても、GHQによる乗用車の生産規制が敷かれていた戦争直後には、側車部分に荷物を積んだり、人を乗せたりとなじみのある存在だった」とあり、GHQの規制が緩いサイドカーは当時、民間のヒト・モノを運ぶ最大の手段だったのです。

「単車」という呼び方はこの頃広まったようです。日本中にメーカーが出来、今とは比べものにならないくらい一般的な乗り物だったサイドカー。その普及にあわせて、側車を外した“少数派”のオートバイが「ソロ」または「単車」といわれ浸透していったからです。

「しかし1949年に(乗用車の)生産規制が撤廃され、軽自動車が普及するに伴い、サイドカーの持っていた実用性という役割に代わって、純粋にサイドカーに乗ることを楽しむ趣味性が生まれてくる」(同HP)。いまでは単車が多数派に。側車も、荷物を運ぶなど実用的な使われ方はほとんどされなくなりました。サイドカー、単車とも趣味の道具になったのです。