ライフコラム

ことばオンライン

インフルエンザは「かかる」、風邪はなぜ「ひく」?

2013/1/15

■意外に多い「風」が付く病名

かぜを風病(ふびょう・ふうびょう)と発音するようになったのもこのころから。鎌倉時代になると、からだに悪い影響をおよぼすことから風に「邪」の字をつけて、「風邪(ふうじゃ)」と呼ぶようになった。この風邪を「かぜ」と読むようになったのは明治時代だ。

ところで、日本には風の字が付くケガや病名が多い。例えば、破傷風、風疹、痛風、中風……。脳卒中の俗語である中風はまさに「風に中(あ)たる」と書く。昔、かぜが麻痺の原因になると考えられていた名残だという。

■インフルエンザの語源は「星の影響」

冬の時期、かぜに似た症状で、気を付けたいのがインフルエンザだ。

インフルエンザの語源はラテン語の「影響」に由来し、何の影響かといえば「星の影響」だ。16世紀に、イタリアではこの病気の原因が分からず、占星術師などが惑星の並びによって汚れた空気が広まって起こる病と考えたことによるそうだ。

2月3日の節分を過ぎれば、春遠からじ。みなさん、かぜなどひかぬよう、お過ごしください。

(川鍋直彦)

ライフコラム 新着記事

ALL CHANNEL