ライフコラム

ことばオンライン

大相撲の町なのに…なぜ「横綱」でなく「横網」?

2013/9/18

 15日に始まった大相撲秋場所。横綱白鵬が27度目の優勝を遂げるのか、大関稀勢の里は再び綱取りの起点をつくれるのか。東京・両国国技館で15日間にわたる熱戦が繰り広げられている。ところでこの国技館の所在地、東京都墨田区の後に続くのは「横綱」か「横網」か? 国技館といえば相撲の聖地。だからもちろん横綱だろう、と思いきや、正解は横網。実は街区表示板やその周囲にも「YOKOAMI」「よこあみ」「ヨコアミ」とはっきり書かれているのだ。

「よこあみ」の読みが強調された両国国技館の街区表示板(東京都墨田区)

「綱」と「網」の誤解、今もなお

 両国国技館に実際に掲示されている街区表示板には、表示板の横に「あみ」「アミ」の部分を赤く塗ったしつこいまでの注意書きが先日まで添えられていた。表示板があるのは駐車場出入り口脇の警備員詰め所だ。

 国技館を管理する日本相撲協会によると、かつて「横綱の間違いではないか」と警備員に尋ねる通行人が多かった。「車の誘導中に声をかけられたりしたら双方が危険。(横網で正しいことを明示するため)前もって貼ってある」のだという。

 注意書きが貼られてから「少なくとも10年になるのでは」と男性警備員。ただかえって興味を引いてしまうためか、今でも時々「本当に横網なのか」と聞かれるそうだ。

 この勘違いがどれだけ浸透しているかを示す証拠は事欠かない。

誤って「横綱」と表示されている隅田川テラスギャラリーの案内(東京都墨田区)

 協会に届いた郵便物には間違った「横綱」の宛名書きがあるわあるわ。とりわけ、手書きに多いようだ。キーボードのキーを押して変換する過程を挟まず、流れで書くため、相撲からの連想で条件反射的に筆が滑ってしまうのだろうか。

 国技館のそばを流れる隅田川の堤防の壁面に大相撲などの錦絵を展示するために東京都建設局が設けた「隅田川テラスギャラリー」の案内にも、同様の誤字がある。

 古い例では、朝日新聞社や文芸春秋で校正を務めた加藤康司氏の著書「校正おそるべし」(1959年)で、横綱と活字を拾ってしまったエピソードが紹介されている。

区が横綱への地名変更を打診

 あまりにも間違いが多いことが、横網地区の町内を巻き込んだ騒動になったこともある。60年代半ばごろ、区が地元に対し「横綱」への地名変更を打診。町内には「冗談じゃない」と猛反発する声が上がったという。当時町会の副会長だった鍛冶健一さん(90)は「世間話で出た、冗談半分の話」と断りつつも、「ちょんまげの時代からの町名をなくすわけにはいかなかった」と振り返る。

 町名変更への猛反発も無理はない。1875年(明治8年)に明治政府の指示で編さんされた「東京府誌 巻第六十八」によれば、そもそもこの地区は江戸時代の貞享年間(1684~88年)には既に「南本所横網町」と称していた伝統ある地名なのだ。

 1872年(明治5年)に「本所横網町」となり、1911年(明治44年)に「横網町」、66年(昭和41年)に現在の「横網1丁目・2丁目」となる。

 伏線になったとみられるのは、町名変更騒動と前後する形で62年に制定された「住居表示に関する法律」。それまでの複雑で分かりにくい町名地番を効率化する目的のために、数多くの伝統的地名が消えたのは広く知られているところだ。

 町名が横綱に変更されなかった理由はもうひとつ考えられる。現国技館の横網への移転は85年のことで、当時の国技館は蔵前(台東区)にあったからだ。

ライフコラム

ALL CHANNEL