ライフコラム

ことばオンライン

ロシアの漢字略称「魯」が「露」に変わったワケ

2012/9/11

ロシアの漢字略称でよく目にするのは「露」ですが、かつて「魯」と表記していた時代がありました。1855年に日本とロシアの間で結ばれたのは日魯通好条約のはずですが、現在の歴史教科書では日露和親条約(日露通好条約)となっています。なぜ「露」が「魯」に取って代わったのでしょうか。

■「魯西亜」では「愚か者」の意

ロシアを「魯」と表記した中外物価新報の1878年(明治11年)3月23日付の紙面。二重傍線は外国地名を表している

日本では江戸時代から明治時代にかけて、ロシアの漢字表記は「露西亜」「魯西亜」「俄羅斯」「峩羅斯」など、いくつか見られました。なかでも多く使われていたのが「魯西亜」で、江戸時代末に訪れたロシア使節に対し、江戸幕府はこの呼称を用いました。それで1855年の条約では「魯」の字が当てられたわけです。それが1875年の樺太千島交換条約の条文では「魯」に代わって「露」が使用され、以後「露」表記が主流になっていきます。

この表記変更の背景には、ロシア側からの強い抗議があったとされています。「文字は踊る」(大阪毎日新聞社、1935年)によると、「『魯』の字は、『おろかもの』の意味であるといふので、ロシア政府から、わが政府に抗議して來た。その後は、『魯』のかはりに、『露』の字をあてるやうになつた」といいます。

■定着に時間かかった「露西亜」

近代文学に見られる「ロシア」の漢字表記変遷
   ~1887年魯西亜、峩羅斯(ヲロシヤ)、魯西亜(ロシヤ)、
俄羅斯(ラシヤ)、露西亜、魯
1888~1907年露西亜、露国、魯西亜、魯国
1908~1926年露西亜(ロシヤ)、魯西亜(ロシヤ)、露西亜、
魯西亜

漢字百科大事典(明治書院)の資料編を基に作成

その抗議がいつあったのか正確な記録は残っていないようです。ただ、幕末・明治期の歴史学者、重野安繹(しげの・やすつぐ)は1904年に行った講演で、1872年か1873年ごろにロシアから「魯と云うのは魯鈍の魯の字であって、字が悪いから露の字に変えろ」という照会があったと述べています(「歴史評論」457号の熊沢徹氏の論文による)。これは1875年の表記変更と時期がほぼ重なりますので、1870年代前半にはロシア側から抗議があったとみていいでしょう。ちなみに東京外国語学校(東京外国語大の前身)の魯学科が露学科に名称を変えたのは条約の後の1877年です。

ライフコラム 新着記事

ALL CHANNEL