ちりめんじゃことシラス干し 呼び名で味わう食文化

ご飯のお供にぴったりのちりめんじゃこ。サラダやパスタなど洋食とも相性がいい。先日、関東出身の友人から「シラス干しとどう違うの?」と聞かれて戸惑った。大阪出身の記者には、シラス干しという呼び名はなじみが薄い。どうやら、ちりめんじゃこと呼ぶのは主に関西より西らしい。なぜそうなったのか、探ってみた。

天日干し、織物ほうふつ

「じゃこばんざい」では昔ながらの升売りをしている(兵庫県加古川市)

まず兵庫県加古川市にあるちりめんじゃこ専門店「じゃこばんざい」に向かう。店主の中尾彰良さんが「ちりめんじゃこはイワシの稚魚のシラスを食塩水でゆで上げ、天日で干した加工食品。ほとんどはカタクチイワシの稚魚を使っている」と教えてくれた。

同店では大きさや産地の異なるちりめんじゃこ5種類を扱う。頂くと、軟らかいもの、硬くてかみ応えのあるものなど、食感は様々だ。

シラス干しとは違うのだろうか。「材料は全く同じ。関西でちりめんじゃこと呼ぶのは、シラスを広げて天日干しする際、絹織物の縮緬(ちりめん)を広げたように見えたからだと聞きます」と中尾さん。確かにシラスの身がよれた感じが縮緬に似ていると言えなくもない。

縮れた織物を意味する縮緬。生地の凹凸が光沢を生む

そこで、京都府与謝野町にある丹後ちりめん歴史館を訪ねた。見せてもらったのは、何種類もある縮緬の中で最もオーソドックスな無地縮緬。今井英之館長は「縮緬とは縮れた織物の意味。シボと呼ばれる生地の凹凸は、人間の技ではできない自然の質感で、それが乱反射による光沢を生む」と話す。

縮緬の技法は安土桃山時代の天正年間に、中国から堺に伝来し、京都の西陣に伝わったとされる。江戸時代に入ると高級織物として庶民の間で広まり、江戸中期の1720年代に技が丹後に伝わったという。今井館長は「その際に東の方へも流れたが、関西や北陸が主産地になった。丹後や滋賀県長浜の縮緬は有名です」と胸を張る。関西で縮緬が普及したから、ちりめんじゃこという呼び方も広まったのだろうか。