旅行・レジャー

耳寄りな話題

390円が250円 格安切符の自販機、関西になぜ多い

2014/2/23

ある土曜日、JR神戸線六甲道駅(神戸市灘区)の駅前で不思議な自動販売機を見つけた。大阪行きの切符が250円と、JRの券売機(390円)より安い。三ノ宮行きなど他の方面の格安切符もある。こうした自販機は全国で数百台あり、その6割以上を関西が占めるらしい。なぜ広まったのか。
JR六甲道駅前に設置された自販機では大阪や京都に向かう格安切符が販売されている

自販機で切符を買ってみると、元町―大阪間の「昼間特割きっぷ」が出てきた。問題なく自動改札を通り抜けられた。街中の金券ショップと同じように、行き先に合わせて回数券を安くばら売りしているようだ。東京では在来線の切符を売る自販機はあまり見かけない。

大阪駅前ビルの金券ショップ「梅田スタンプ」の店主、岩崎章さんに聞いてみた。「単価の安い在来線の切符は利幅が薄く、東京の店は扱いたがりません。関西は少しでも安く買い求める人が多く、量がさばけます」

◇            ◇

同店で在来線の一番の売れ筋は大阪―京都間で毎日100枚近く出る。多い店は500枚以上売れるとも。「スーツ姿の男性から買い物帰りの女性まで、いろんな人が買いに来ます」

在来線の切符で商売は成立するのか。岩崎さんに聞くと、JR西日本が販売している昼特きっぷが金券ショップで扱う格安切符の原資の一つらしい。

昼特きっぷは12枚セット。京都―三ノ宮間の設定で、平日の午前10時~午後5時の入場または土日祝日の終日使える。大阪―京都なら3670円で1枚当たり約310円。定価なら540円だ。私鉄との競争が激しい京阪神の観光促進を目的に、旧国鉄が1983年に始めた。年間約2700万人が利用する。

利用期限は購入日から3カ月。12枚を使い切る人は少ない。余った券が金券ショップに持ち込まれ、店側がもうけを上乗せして販売するというわけだ。大阪―京都の例なら「額面」の8~9割で買い取る店が多く、350~400円で販売する。

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL