旅行・レジャー

耳寄りな話題

骨つぼサイズ、3割小さめ 葬祭にも関西の地域色 火葬後拾う遺骨の量を反映

2013/10/20

先日、神戸にある実家の法事に出席し「関西の骨つぼは関東に比べて小さい」という尼さんの法話に驚いた。ほかにもお墓の周囲にお経を書いた卒塔婆(そとば)を立てないなど、関西には他地域とは違ったしきたりが数多くあるという。独特の葬儀・法事文化の謎を追った。
関西の骨つぼ(左)は関東の物よりサイズが小さい(大阪市北区)

まずは骨つぼについて調べようと、葬儀大手、燦ホールディングス傘下の公益社へ向かった。なぜ東西で大きさが違うのだろう。葬祭研究所研究員の宇屋貴さんに聞くと「火葬後に集める遺骨の量が少ないためです」との答えが返ってきた。

遺骨を拾う「骨上げ」は関東が全て持ち帰るのに対し、関西では喉仏など一部を回収するにとどまる。そのため関西で葬儀の際に用いられる骨つぼは5寸(約15センチメートル)程度と、7寸(約21センチ)が主流の関東より3割以上小さい。近年はデザイン性が高い骨つぼの需要も高いが、簡素な白地の容器が大半だという。

関東や東北から関西の葬儀に参列した人の中には「全部拾わないなんて」とショックを受ける人もいるそう。残った灰や遺骨は火葬場が回収して公共墓地の供養塔などに納めるため、決して故人をないがしろにしているわけではない。なぜ東西でこのような違いが生じたか。

◇            ◇

謎を解明するべく、葬祭文化に詳しく「葬祭の日本史」などの著書がある高橋葬祭研究所主宰の高橋繁行さんを訪ねた。「明治時代に出されたある法令がきっかけです」。高橋さんはなぜかいたずらっぽい笑みを浮かべながら話した。

法令とは1873年(明治6年)に出された火葬禁止令を指す。当時の神仏分離政策の一環だったが、土葬の衛生面の問題などから2年後に廃止された。この廃止時に、政府が全ての遺骨と遺灰を持ち帰るよう通達を出した。関東では通達が行き渡った結果、全てを収骨する風習が定着し、現在に至っている。

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL