機動力と細やかさが武器 社会と向き合う私の起業

若い女性がキャリアや経験を生かして起業する動きが広がり始めた。教育、出産、食など女性目線で見えてきた問題意識を、ユニークな形のビジネスとして社会に問う。それは人と人をつなぎ、新たなニーズを掘り起こしている。
フィリピンとスカイプでつなぎ、オンライン英会話の授業を大学生に提供するワクワーク・イングリッシュの山田貴子さん(東京都小平市の嘉悦大学)

「マイホームタウン イズ セブシティ。ビューティフル。ユアホーム?」。東京都小平市の嘉悦大学に通う1年生に陽気に話しかけるのは、インターネットの通話ソフト「スカイプ」でつながるフィリピン人講師だ。学生は3~5人で45分間、週4回みっちり英会話を学ぶ。「日本ではネーティブの教師を集めるのが大変。少人数は人件費面でも厳しい」(大学の担当者)。解決策を示したのはワクワーク・イングリッシュ(東京都渋谷区)の山田貴子さん(27)だ。

慶応大学在学中からフィリピンの貧困問題に関心を持ち、現地の非政府組織(NGO)や孤児院と連携して活動した。「国の援助で橋や道はできる。でも、学生や子どもには職や夢が必要」。目を付けたのが、英語教師という職業だった。

NGOの支援を受ける大学生をトレーニングして、日本の子どもらに英語を教える。大学生が自立すれば支援金をより多くの子どもを救うために使える。2009年に株式会社を設立、取り組みを始めた。今では30社を超す企業や大学向けに授業を担当するプロの講師を含めて約40人を雇用。日本の教育とフィリピンの雇用創出を熱意と地道な営業で結びつけた。

「仕事と、自分が関わり続けたいことを分けたくなかった」。こう話す山田さんは1年の半分をフィリピンで過ごす。次の目標は英語教師に加え、現地の若者が美容師やIT技術者など多様なスキルを身につけるための職業訓練校を軸とした学びの場づくりだ。

産休に入る女性の勤務先で打ち合わせするNPO法人アローアローの堀江由香里さん(東京都豊島区)

「大企業では女性社員の産休・育休取得は当たり前。でも、中小では出産退社がまだ多い」。NPO法人アローアロー(東京都国分寺市)の堀江由香里さん(31)は、中小企業での「産育休取得第1号」づくりを後押しする。

人材サービスで3年、仕事と子育ての両立支援に取り組むNPO法人で2年3カ月働いた。人繰りが厳しい中小は退社リスクの低い男性を重視する。こうした現状の改善に、必要な人に必要なものを提供するNPO法人でなら柔軟に取り組めると考えた。「私自身まだ子どもがいない、挑戦できるうちに」と、10年に独立した。

注目記事