エンタメ!

エンタウオッチング

新ドラマ発表の場で見えたネットフリックスの製作力

日経エンタテインメント!

2016/5/5

米国で恒例のTCA(Television Critics Association/テレビ批評家協会)のプレスツアーが、現地時間1月下旬、カリフォルニア州パサデナのホテルで開催された。TCAは、テレビ番組を扱う米国とカナダのジャーナリスト約200人からなるグループ。彼らに向けて、メジャーネットワークやケーブル局、ストリーミング配信会社が、これから放映される新作を中心に、年に2度、夏と冬にプレゼンするイベントを行っている。

TCA(メイン会場での『ザ・ランチ』のパネル風景) メイン会場では、各社が目玉となる作品の作り手を配し、パネルディスカッションを行った
『ザ・ランチ』は、コロラド州の牧場が舞台のシチュエーションコメディ。フットボール選手を諦めた主人公が15年ぶりに故郷に帰り、父や兄と再会(C)Netflix

1月頭の全米家電協会によるCES(Consumer Electronics Show)で、ネットフリックスはCEOのリード・ヘイスティングスが全世界190カ国でサービスの利用可能を宣言する基調講演を行うなど、定額制動画配信会社として今最も勢いがある。今回、TCAでは12本もの新作を一挙に紹介。作品の多さだけでなく、コメディからアクション、ドキュメンタリーまで幅広いジャンルを手がけており、同社が今や単なる映像配信会社ではなく、オリジナルコンテンツを製作するスタジオに成長したことを強く印象づけた。デヴィッド・フィンチャーがエミー賞監督賞を受賞した『ハウス・オブ・カード』や『オレジン・イズ・ニュー・ブラック』などで、同社の作品の質の高さは既に証明済み。TCAで発表された新作から注目すべき作品はどれなのか。

■カッチャー自身がプレゼン

パネルに登場したカッチャー。チャーリー・シーンから主役を引き継いだ『ハーパー★ボーイズ』など、この手のコメディを熟知している。4月1日から世界同時配信

最大の特徴は、全体的にコメディ色の強いラインアップだった点。コメディの第一人者ジャド・アパトーが手がけた『ラブ』、ジェーン・フォンダとリリー・トムリンの夢の競演で話題の『グレイス&フランキー』のシーズン2、往年の大ヒット・コメディ『フルハウス』をオリジナルキャストで再スタートさせた『フラーハウス』、そして、アシュトン・カッチャー主演の『ザ・ランチ』などが出そろった。

プロデューサーの1人に名を連ねているカッチャーは、TCAのメイン会場でパネラーとして壇上に上がり、同社との初コラボについて「今回僕らは既成の枠にとらわれずに自由な発想で作品を作ることができた。観客がいる昔ながらの撮影方法を取っているけど、スタジオの中でしか撮影しないという従来の方法に縛られず外でも撮影した。CMで中断されることもないので、シーンの終わりにジョークを押し込んだり、22分の枠に物語を収める必要もない。これらが、番組のストーリー性を高めることにつながったと思う」と語り、大いに刺激を受けた様子だった。

また、2015年のアカデミー賞にノミネートされたレオナルド・ディカプリオ製作のドキュメンタリー『ヴィルンガ』のような質の高いドキュメンタリー作品が見られるのも、ネットフリックスの魅力となりつつある。『殺人者への道』は、冤罪(えんざい)で一度無罪となった人物が、別の事件で再び殺人犯として収監されるという実話を、2人の監督が10年以上の歳月をかけて描いた10話からなるシリーズもの。2015年後半、配信されるやいなや、全米中を揺るがす人気番組となった。

監督の1人、ローラ・リッチアーディは、「私たちはずっと、この作品をできるだけ多くの観客に届けたいと願っていたけど、ネットフリックスとパートナーを組む前は、どの程度海外の観客に見てもらえるか全く分からなかった。それが今、世界中の観客にこの作品を届けられる可能性があるのは、本当に信じられないことだと感じている」と、その影響力について興奮気味に語った。

従来のネットワークの作り方に縛られない、クリエーター中心の独自の番組作りは、今後ハリウッドの監督や脚本家、役者たちの間でさらに人気を呼ぶのは間違いないだろう。米国のテレビ界の台風の目となったネットフリックスが、ハリウッドの映像作りに今後どう影響を与えていくのかが垣間見えたイベントとなった。

『デアデビル シーズン2』 ネットフリックスとマーベルが初めて組んだタッグ。メジャーネットワークでは考えられないダークなトーンの映像が秀逸。世界同時配信中(C)Netflix
『Making a Murderer ~殺人者への道~』 番組を見た人々がスティーヴン・エイヴリーと彼の甥の無実を信じ、2人を釈放するための署名運動を起こし、約11万3000人が署名した嘆願書をホワイトハウスに提出。ホワイトハウスは、「州の刑事犯罪を赦免する権限がない」とコメント。配信中(C)Netflix

(ライター 細谷佳史)

[日経エンタテインメント! 2016年4月号の記事を再構成]

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL