夫との家事分担 交渉の決め手は「可視化」「仕事化」

日経DUAL

日経DUAL

ワーキングマザーの多くは、仕事と家事と育児で毎日バタバタですよね。パートナーとの家事や育児の分担で悩んでいる方も多いと思います。今回は、パートナーとの家事・育児に関する交渉を一緒に考えていきましょう。

家事代行サービスを導入したい妻の交渉例

人間は感情の動物、ゆえに交渉は理論より感情が大事です。ここで質問。あなたのパートナーがあなたに満たされたい欲求は何だと思いますか。

安心、愛情、尊敬、どれも正解です。簡単過ぎますね。

では次の質問です。今から過去24時間を振り返って、皆さんはパートナーの欲求を満たすコミュニケーションを取りましたか。こう聞くと大抵皆さん、シーンとしちゃうんですよね(苦笑)。

交渉はギブアンドテイクです。あなたがパートナーにお願いしたいことがあれば、先に、相手の感情、要求を満たすことが大事です。逆に言えば、パートナーの欲求を常に満たしていれば、あなたの交渉はとてもスムーズにいくはずです。ぜひ、交渉する前に念頭に置いてくださいね。

ここで、先日私の講座を受けたAさんとAさんの夫との交渉をご紹介します。Aさんは、復職に向けて家事代行サービスを導入したく思い、夫に交渉をした結果、無事成功しました。Aさんと夫とのやり取りはこんな感じだったそうです。

Aさん 「復職に向けて家事代行サービスを使いたいんだけど、どう」

夫 「え、お金もったいなくない? 今まで通りでよくない?」

Aさん 「今まで通りでできればいいんだけど、子どもがいるとそうもいかないよ」

夫 「でも、知らない人を家に上げるのは嫌だな」

Aさん 「そうね、あなたも残業なしで帰れるなら頼まなくてもできるけど、それは難しいでしょ」

夫 「貴重品とか取られたら嫌だし、寝室に入られるのは嫌じゃない? 知らない間に家の中見られるのも嫌だな」

Aさん 「なら、小型の金庫を買いましょう。そして寝室はやってもらわず、どちらかが家に居るときに限定する。そうだ、土曜日にあなたがジムに行く時間に来てもらうのだったらどう」

夫 「うーん…」

Aさん 「じゃあ、復帰後1カ月は大変だから1カ月だけそれでやってみていい? それでも嫌なら別の方法考えるのはどう? 先輩の話を聞くと復帰後相当大変そうだから、すっごい不安なのよね」

夫 「うーん、じゃあ1カ月だけね」

Aさん 「あー、よかった、そう言ってくれて。復帰するのに不安だったんだ。ありがとうね」

夫への交渉がWin-Winになった理由

実はAさんはこの交渉を成功させるために、1週間かかりました。初めに状況把握、夫の性格を考え、どんなことが嫌か、を考えました。そして夫が嫌だと感じる状況にならないための解決策を考えました。実際に交渉してみると、夫は予想以上にいろんな心配をしているのが分かりました。そこで、一度交渉を中断し、再度、夫の不安要素一つ一つに対応した解決策を準備して交渉し、最終的に成功させました。具体的にどんなところが交渉のポイントか、一つ一つ見てみましょう。

「今まで通りでできればいいんだけど」

パートナーの言葉を一度受け入れ、決して否定をしないで共感を表しています。

「そうか、あなたも残業なしで帰れるなら頼まなくてもできるけど、それは難しいでしょ」

できる、できないの二分法をポジティブに誘導。できないでしょと否定形を使わないことで、相手もネガティブな感情ではなくなります。

「なら、小型の金庫を買いましょう。そして寝室はやってもらわず、どちらかが家に居るときに限定する」

夫の言い分をずべて先に聞いた後で、それに対応する策を答えています。これは、どんなことを相手は嫌がるか、そのためにどんな答えをすべきか、と入念に準備をしたたまものです。そして自分から言うのではなく、相手から嫌がる理由を言ってもらうのがポイントです。

「1カ月だけそれでやってみて」

フットオンザドアという手法です。試供品やちょっとだけ、という形で最初のハードルを越えさせ、あとはなし崩しで目的を果たす方法。交渉ではよく使われます。

「すっごい不安なのよね」

自分の感情、不安感を正直に話すことで相手は信頼されている、頼られているという印象を持ちます。協働作業を促す効果があります。

「ありがとうね」

最後は必ず感謝で締めくくります。「ごめんね」で終わることに比べるとWin-Winになる効果は100倍です。

もちろん、このやり方はすべての男性に応用できるものではありません。そもそもAさんが日ごろからパートナーである夫の欲求を満たすコミュニケーションをしていたことが功を奏しています。Win-Win交渉のポイントを踏まえて行えば、交渉を成功させる確率は必ず上がります。ぜひ皆さんもポイントを参考にして試してみてください。

男性と交渉するうえで重要な4つのポイント

男性との交渉をするうえで、重要な意思決定ポイントも覚えておくと便利です。以下の4つのポイントを押さえながら情報を共有すると、相手にとっても分かりやすいので交渉がスムーズに進みます。

(1)可視化

男性は女性より可視化された事象に反応しやすい。表や図を使う、羅列する、など。全体と詳細の把握が可能になり意思決定しやすい。

(2)仕事化

仕事で使うツール、方法を使って説明すると分かりやすく、巻き込みやすい。口頭の説明も上司や同僚にするようにポイントを絞って、結論から先に伝える。かつ、感情でなく情報を伝える。

(3)ゲーム化

行動をパズルやゲームに見立てる。結果を加点方式(加点内容は妻からの尊敬、でも可)にしてみる。減点方式はモチベーションを下げることもあるので導入しない。

(4)ヒーロー化

ヒーローになって愛する者を守るのは彼らの存在理由である。ヒーローを定義し言葉と行動でヒーロー的行為は何か伝えることで、進んで行動する。(ヒロインであるあなたはヒーローが良い仕事をした際に最大の賛辞を与えることを忘れずに)

パートナーの欲求を満たそう

このポイントを生かして、家事を上手に分担するには、他にも以下のようなやり方があります。

1.会社の組織図を使い、家事内容を可視化する。互いに色分けする。担当箇所を担当者本人が色塗りするとより主体性をもってやってくれます。

2.縦軸を業務、横軸を時間にしてマトリックスを作り、オセロの駒を使って担当者の色で埋める。男性はゲーム化すると「勝ちたい」欲求が強くなるので、オセロの駒をより多く自分の色にしたくなりますから、話し合いより楽しく短時間で良い結果になります。

経理や会計が得意なパートナーなら、家事代行サービスを使う際にこんなやり方も効果的です。まず、ご自身の年収を時給換算し、その額より安価な家事代行サービスを探します。「自分でやるよりコストがかからない」「家事代行の時間を仕事に当てることで、家計の利益が最大化できるよ」と説明すると相手も納得しやすいでしょう。最近はマッチングなどで安価で信頼できる家事代行サービスも増えてきましたので、うまく活用してチャレンジしてみてください。

男性にとって仕事のツールは身近なものです。相手の得意言語を使って交渉することで話が通じやすくなりますし、交渉もスムーズに進みます。ただ、最初に書きました通り、人間は感情の動物です。もしあなたが、パートナーともっと頻繁に話し合い、そして日々の交渉の勝率を上げていきたいのであれば、パートナーの感情、欲求を常に満たしてあげるのが一番です。誰よりも長く時間を共にするパートナーには日々愛情表現をすることが交渉には最も効果的です。だまされたと思って今日から1日1回パートナーに「ありがとう」「大好き」と言ってみてください。初めは恥ずかしいと思いますが、2週間続けるとびっくりするくらいパートナーが変わってきます。そしてあなたの要望を聞いてくれますよ。

小早川優子
女性管理職育成コンサルタント。交渉トレーナー。慶応義塾大学大学院経営管理研究科 経営学修士(MBA)。D-management代表。慶應ビジネススクール及び米国コロンビアビジネススクールにて交渉学を専攻。外資系金融機関に13年間勤務。第三子妊娠中に独立し、交渉を日常のコミュニケーションツールとして活用するハッピー交渉トレーニンング(HNT)を主宰。また、育児休業期間をマネジメント能力開発の機会にする「育休プチMBA勉強会」副代表。3児の母でもある。

[日経DUAL 2016年3月8日付記事を再構成]