提訴乱発ついに75件、「不当訴訟」と逆提訴

裁判記録をとじた厚いファイルを開き、埋もれた事案に目を向けてみれば、当事者たちの人生や複雑な現代社会の断片が浮かび上がってくる。裁判担当記者の心のアンテナに触れた無名の物語を伝える。

中小企業の顧問を務めてきた税理士が、社長の成年後見人に就いた弁護士との対立を経て、弁護士が関係する社会福祉法人の職員を相手に損害賠償を求める訴訟を起こした。敗訴してもまた提訴を繰り返し、訴訟数は75件に。たまりかねた職員らは、「不当訴訟で精神的苦痛を受けた」として逆に税理士に対して慰謝料を請求した。

事務所に押しかけ、大声で怒鳴る

「おまえたちは人間のくずだ!」。社会福祉法人の事務所内に怒鳴り声が響き、うつむく職員たちの机の間を税理士の女性が悪態をつきながら歩き回る――。職員の1人は法廷に提出した陳述書で、女性がたびたび事務所に押しかけ、カウンターの内側に入り込んでは大声を上げていたころの状況を振り返った。「仕事が手に付かなくなり、常におびえていた」

税理士の女性は、ある中小企業の確定申告を長年担当していた。社長が高齢になり、成年後見人に就いた弁護士が介護施設の入居費を捻出するために会社を解散しようとしたことに反発。「成年後見制度を悪用して会社を乗っ取ろうとしている」などとして、弁護士が相談員を務める社会福祉法人の事務所を頻繁に訪れるようになった。

女性は「従業員から『会社がどうなるのか心配だ』と相談を受けている」とし、毎回、数時間にわたって事務所に居座り、時に激高して怒鳴り声を上げた。対応に困った職員が警察を呼んだことも8回あった。「警察への通報を指示したのは誰か、明日までに回答せよ」などと要求するファクスが送られるようになり、枚数は1年余りで160枚近くに達した。

弁護士会への懲戒請求などで名誉を傷付けられたとして、まず弁護士が女性を提訴。女性に100万円の支払いを命じる判決が確定した。女性は支払いに応じず、自宅マンションを強制競売にかけられた。

この訴訟の中で、社会福祉法人は「女性から脅迫的なファクスを送られた」とする書面を提出していた。その内容に虚偽があるとして、女性は社会福祉法人の職員ら個人を相手に損害賠償を求める訴訟を起こした。

女性は法廷で「相手が反省するまで永遠に訴訟をします」と発言。裁判官に対しても「変な判決をしたらあなたを訴えるからね」と言い放った。女性は負けても負けても提訴を繰り返し、訴訟件数は計75件に及んだ。

さすがにこらえ切れなくなった職員らは、「不当訴訟によって業務を妨害され精神的苦痛を受けた」として、女性に慰謝料など総額640万円を求める訴訟を起こして反撃に出た。

女性は争う姿勢を示し、事務所の職員ら21人を証人として呼び出すよう申請したが、裁判所はすべて退けた。訴えた職員側は「次から次へと送られるファクスをいちいち証拠提出すると、いつまでたっても裁判が終わらない」と証拠を絞り込み、早期の判決を求めた。

職員の1人は法廷に提出した陳述書で、終わりの見えない裁判沙汰に巻き込まれた胸の内を明かしている。「私たち一般人は、負けるわけがないと思っていても、やはり裁判所から『訴状』や『呼び出し状』が届けば不安になるし、弁護士にお願いする必要も出てくる。理不尽きわまりない訴訟を大量に起こされ、不安な気持ちにさせられた」

地裁は判決で「訴訟を起こすのは正当な行為だが、訴えられた者にとっては経済的、精神的負担を余儀なくされる」と指摘。「相手方に不当な負担を強いる結果になるなど、裁判制度の趣旨や目的に照らして著しく不相当な場合に限り、提訴は違法とすべきだ」と指摘した。

75件の訴訟、すべて棄却か門前払い

今回の場合、女性が起こした訴訟75件のすべてが「請求棄却」か門前払いにあたる「却下」とされたが、女性は控訴せずに新しく別の訴訟を起こして同じ主張を繰り返していた。地裁は「自分の主張に法律的根拠が欠けていると知りながら訴訟を起こしたと認められ、違法だ」と結論付けた。

事務所に何度も押しかけた行為についても違法な業務妨害に当たると判断。女性に対して総額213万円の支払いを命じた。女性は控訴せず、判決はそのまま確定した。

女性は75件の訴訟でいずれも弁護士を使わず、裁判所に提出する書面を自らしたためていた。「内容は必ずしも明確ではないが、これを善解すれば○○と解される」「○○との主張と思われるが、相手方が責任を負わないのは法律上明らかだ」。各判決文に目を通すと、分かりにくい書面から女性の主張を読み取り、「訴訟」の枠組みの中で判断を示さなければならなかった担当裁判官たちの苦労も垣間見える。

嫌がらせのような訴訟の乱発に振り回されたのは、職員らだけではなかったようだ。

(社会部 山田薫)

「法廷ものがたり」は今回が最終回です。ご愛読ありがとうございました。

注目記事